Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

自分のデッキを客観的に見る事【遊戯王】


ふるめたです。
前回の日記の続きです。

前回は
「相手の理解度を知る。」という点について記載いたしました。

これにより「相手が自分の使うカードをどれだけ知っているか」
が分かり、相手の動きをある程度予測することが
出来るようになりました。


今回は、自分のデッキをより強化する為に
自分のデッキを客観的に見るという点を、雲魔物を通じて記載します。


【自分がこのデッキと戦う場合どうするか】

自分のデッキを相手にする…という
戦いをしたことがありますでしょうか?

友達とデッキを交換してデュエルした事がある方は
経験済みかもしれないですね。

ポイントは
●自分は自分のデッキを知り尽くしている
という事。
入っているカードや、繰り出される場・コンボは
ほとんど自分が予想していた内容でしょう。


雲魔物で置き換えてみましょう。
天空の聖域が発動していて、雲魔物(天使族)が
攻撃表示で存在している場合。
攻撃してもダメージは0なので、
なんとか聖域の条件を外さないといけません。


僕がそのデッキと戦う場合
★確実に攻撃が通る状態までパワーを温存し一気に決着をつける。
という考え方をします。


ここで何が起きているか?
●天空の聖域が1枚だけとは限らないから、
 一度崩しただけでは勝利へは結びつかない。
 (デッキへの予測)


●攻撃表示の天使とセットでないと効果は活かされない
 (カードの特徴)

という点から、こういった判断をしたわけですね。



使いきりのカードである「和睦の使者」等であれば
また違った考えにもなりますが、
「場に残り続けるカード」というのは
「場に残し続けたい」の裏返しですので
その点を考えて行動していかないといけません。


場に残す=場に残したい=そのカードを巻き込む全体除去等は少ないのでは?
という憶測を相手が立てると仮定して、
【じゃあ相手はどうやって僕を倒そうとしてくるのか】
と、再度自分のデッキを見直すという作業が必要になってきます。


今回のデッキに限っていうと、相手が突破する方法として
コンボを切り崩して一瞬で勝負を決めにくる「だろう」と予測できました。


非常にシンプルで分かりやすい突破方法ですね。
故に、何度も遭遇しやすい対処方でもあるので、
これについては
対策しておかないといけません。
そこで、このデッキにとっての「全体除去」とは何か?を考えます。

●ブラックローズドラゴン等の所謂【リセット効果】
●ダームアームドドラゴン等の所謂【単体除去効果】の積み重ね
●カードを無効化し機能不全にする【無効化効果】
●カードを手札・デッキに戻せる、【バウンス効果】

要するに、場が崩れるとデッキが成り立たなくなる訳ですから、
全体除去=場が崩れる事 と置き換えれます。

では、何が失われると「場が崩れる」のか?
すると、必要なキーパーツが見えてくると思います。
(今回のデッキでいえば、ダメージを防ぐ天空の聖域と、防ぐ役割を果たす天使族雲魔物)
コンボはこの2パーツがある事で成り立つ。相手はこの2つを上記●の方法で撤去してくる。
守るのか?立て直すのか?ここで対策方法がある程度決まりますね。

★全体除去されても耐えれるように防御カードを入れるのか。
★そもそも全体除去されないように場を固めるのか。
★そこに目が向かないほどの「脅威」を別に用意するのか。

手段は一つではありませんし、いくらでもデッキの構想を膨らませられると思います。
こういった発想も、自分のデッキを客観的に見て初めて思いつくものです。

前回の考案で書いた、相手が理解度毎にどのような対策を打ってくるのかを
想定し、其々のレベルにあった対策をしてみる。
自分のデッキが幅広く知れ渡っていて対策も流行している場合は
上記★をさらに深いレベルで研究する必要性が出てくるかもしれません。



最終纏めるとするならば、

1:相手理解度を、相手のプレイングから把握する。
  まずは、相手が自分のカードを確認してくるかどうか…から始めるとよい。
2:すべての構築を知っている自分なら「どう突破するか」を客観的に考えられる。
  よって「自分がそのデッキと戦うとしたら」を仮定し
  デッキを拡張する。


オフ会は「完成したデッキをより煮詰める」場には絶好です。
色々な人がそこにいて、色々な戦術がそこにあるわけですしね。
「新しくできたデッキを試す」だけじゃ、もったいないです。


人がいないと出来ないこと。人がいなくても出来ること。
その中で「人がいるときにしか出来ないこと」は、デッキを「煮詰める」事です。
ある程度脅威が予測できたのなら、実際にそれをサイドデッキに入れて
マッチ戦すると、ものすごい経験になりますよ…!!


以上、雑記でした!
スポンサーサイト

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。