Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

デッキ紹介【真—ラスト・ライトニング】

ご無沙汰しています、ふるめたです。
前回の告知通り、今回最後となるデッキレシピの紹介です。

デッキレシピはこちらをご覧下さい。

基本的な回し方は過去の記事を参照ください。


動画で登場したラスト・ライトニングデッキを、実践を通じて更に改良を加えた完成体です。
まだまだサイドデッキは甘いですが、メインはほぼ理想通りの形になっています。
それでは、いかにコンセプト等を記載します。


【デッキコンセプト】

未来への思い+チェーンモンスター(アイリス、ライパニ、アレス)
による、無限ループコンボで場を制圧する。

ライトニング・パニッシャーによる無限破壊
地母神アイリスによる無限ドロー
獣人アレスによる無限攻撃力
神秘の中華鍋+獣人アレスを組み合わせた無限ライフ


4つの無限コンボが1つのデッキで出来る事が最大の特徴。
しかしこのデッキの勝率を上げるのは何よりコンボが未完成の時。
【コンボが未完成の時に、いかに相手の行動を予測し、適切なカウンターを打てるか】

また、コンボ完成までのステップ毎にカードの役割が大きく変わっていく為、
そのデュエルで行う最終目的地を定め、適切な役割を与えられるかがポイントとなる。

故に構築した人間のみが完全にデッキを理解しているので、
他の人では完全に回しきれない。

その上でコンボ完成時の爆発力は他のデッキの追随を許さず、
4種類の内どの無限コンボもゲームエンドに直結できる。

逆に、コンボが決まらなければそのまま一気に押し切られて敗北する。
独自性、駆け引き、逆転性、爆発力、すべてにおいて自分の中で最高レベルのデッキ。


【前回のデッキの弱点】


・単体では使えないカードが多かった。
 終末の騎士やトマトに頼り切っていた。
・妨害に対するメタが弱かった。
・チェーンを組めないカードが多く、未来への思い以外では
 中々コンボが決まらなかった。
・ライパニ等のアドバンス召喚が難しかった。
・未来への思いが引き難かった。



【今回のデッキの改良点】


・其々のカードに2つ以上の役割を付与し、
 コンボの繋がり方が飛躍的に向上した。
・妨害に対するメタを強化し、妨害する力も向上した
・ほとんどのカードでチェーンを組めるようになり、
 不完全な未来への思いでも4、5枚は破壊できるようになった。
・ライパニのアドバンス召喚がしやすくなった。
・未来への思いが引きやすくなった。


前回までは、目的達成のプロセスをほぼ1本道に絞っており
それが「終末の騎士」でした。

ゆえに「終末の騎士」を呼び出すための増援、キラトマ、そしてそのキラトマをサーチする
ローンファイアブロッサムを採用し、デッキの地軸を整えていました。
これらは安定性の向上に対し【チェーンが組めないという欠点があり】、
未来への思いを決めなければ勝てない場面が多く存在しました。

しかし今回、プロセスを多様化した事で「終末の騎士」が無くても
コンボが完成するようになりました。
更にそれらは【チェーンを組めるカードばかり】のため、
未来への思いが決まらなくてもライパニがある程度動けるのもイイポイントです。


このように、目立った弱点が増えない中でデッキの安定性が爆発的に向上したのが
今回のデッキです。

一番のポイントはやはり「神立のオニマル」が登場した事で
ライパニ単体でチェーンを組めるようになったことでしょうか。

ラヴァルバルチェインの禁止でアイリスの成功率が下がった分、
ライパニが大活躍するようになりました。

チェインが禁止になったからこそ編み出せたデッキでもあります。
以下、今回大きな役割を持たせたカードを紹介します。


【ABF―神立のオニマル】-------------------------

●コンボ展開
 待望のレベル12シンクロ。
 ライパニとアクセルシンクロンでチェーンが組めるようになった。
 未来への思いで4000ライフを失う覚悟があれば、未来への思いとリビデだけで
 相手のカードを半永久的に破壊し続ける事が可能。

●チェーン
 ライパニとアクセルシンクロンのチェーン要因として必要。

●フォロー
 何気にこのカードは、正規召喚する事も可能です。
 ライパニ無限コンボが成功した時、ライパニを除去する相手は多いですが、
 これはその保険となります。
 フォーミュラとアクセルが残れば、Sモンスターのみでのシンクロ召喚が可能となり
 攻撃力3000アップの効果もすぐ得られます。

 その際、クラウソラス等を経由して攻撃力を0にする事も可能。
 6000ダメージを叩きこむこともできます。

●その他
 このカードが出なければ、このデッキは出来ませんでした。

【瑚之龍 コーラルドラゴン】-------------------------


●コンボ展開
 手札のライパニ等を墓地に送りつつ、相手のカードを破壊できる潤滑油。
 レベルスティーラーと組み合わせる事でさらにヴァルカンへとつなげられる。

 未来への思いのコンボ補助と、ベアトリーチェのX召喚補助が主な目的。
 
●チェーン
 このカード単体ではチェーンを組まない。
 
●フォロー
 基本的には、コンボ達成前の妨害とドローが目的となる。
 シンクロン類を素早く落とした後は、
 どれだけ早くキーカードを揃えるかが一大事。
 手札で使えなくなっているものは捨てて、欲しいカードをドローしていく。

●その他
 このカードを出してすぐにヴァルカンを出すのが理想的。
 ドローとバウンスにより、リビデなどを戻しつつデッキを掘り下げ、
 墓地にレベル6を送る。

 1ターン耐える事が出来れば、墓地から瑚之龍を出す事でレベル6が揃うので
 ベアトリーチェになることができる。

 また、未来への思いで無効になっても手札を捨てれるのが大きい。
 ファーファレルを捨てる事でライパニ解除コンボも出来るし、手札にいる
 ライパニを捨てる事も出来る。

 無効になってもならなくても強く、序盤の相手の攻撃を止めるのには最適なカード。

【光の護封霊剣】-------------------------

●コンボ展開
 最後の最後まで悩み抜いて採用した1枚。
 フリーチェーンで、墓地に落ちても採用が可能で、防御に特化し、戦術を補助。
 それらの条件をすべて満たしたカードはこのカードのみだった。

 旅人の試練と最後まで競い合い、結果こちらを採用した。

●チェーン
 旅人の試練は攻撃宣言時にしか発動できず、チェーンに貢献しなかった。
 しかし旅人の試練は手札でダブったゴーストリックロールシフトを活用でき、
 かつクリスタルウィングシンクロドラゴンも処理できる。

 しかしこのカードは確実に攻撃を防げる点と、
 墓地に落ちてもチェーンを組めるという 点でライパニの補助に適していた。

 相手ターンにモンスターを残す事で、未来への思いの成功率やスケープ・ゴースト
 発動補助にも役立つ。

●フォロー
 基本的には防御がメインで、場合によってはそれをチェーンに利用する。
 サイフレームロードΩとで無限の防御としても利用可能。
 いざという時バックジャックで墓地に送りその後除外する事で簡易防御としても使用。

●その他
 「カオス・MAX・ドラゴン」を
 どうやって倒そうかと考えて辿り着いたのもコレ。
 仁王立ちではカオスMAXを止めれないので、こちらに行きついた。

 死デッキ・旅人の試練・光の護封霊剣のどれを採用するかで、最後まで悩んだ。


【ゴーストリックの駄天使&デュラハン】-------------------------
●コンボ展開
 デュラハンはレベル1X召喚として、また駄天使の重ね素材として。
 駄天使は、ゴーストリックロールシフトのサーチとして利用する。

 未来への思いとの相性が良く、デュラハンに駄天使を重ねる事で
 デメリットを回避できる。
 その上で駄天使の効果を使いロールシフトをサーチ。
 相手ターンのチェーンに貢献できる。

 また、デュラハンが墓地に行ったときの効果も優秀。
 駄天使を戻すことで未来への思い用のレベル4Xモンスターを戻し、
 ゴーストリックロールシフトを戻してチェーン稼ぎもできる。

●チェーン
 デュラハンはその効果でチェーンを補助し、駄天使はロールシフトをサーチして
 チェーンに貢献する。

 相手ターンにチェーンを組めるモンスターを中心に採用していたため、当初駄天使は
 候補外だった。
 しかし自身ははチェーンを組めずとも、サーチしたカードでチェーンを組めることに
 気づいた事で一変。
 さらにそのロールシフトがスケープ・ゴーストと相性がよく、苦手としていた月の書や  
 闇の護封剣を突破できることに気づけた。

 さらにスケープ・ゴーストからデュラハンになる事も可能。
 すべてが互いにサポートし合い、ライパニに一切の無駄なく繋ぐことが可能となった。

●フォロー
 デッキ圧縮や戦闘突破が主な目的。
 スティーラーを持てあますことがあったり、レベル1チューナーがダブる時に
 今まで突破が出来なかった。
 しかしデュラハンと駄天使を採用する事で、モンスターを破壊した上でロールシフトを 
 サーチできるようになった。

 未来への思いのフォローも出来るので、非常に安定性が高い。

●その他
 ゴーストリックカードをサイドデッキから採用する事で幅広い戦術が可能。
 猫娘を入れて未来への思いを発動し効果リセットしてもよし。
 フロストやランタンを入れて防御力を強化してもよし。

 この動きは、かつて使っていたゴーストリック・クラウドから採用した。
 雲魔物の戦術があったからこそ、この動きが完成したともいえる。


【悪魔の嘆き】-------------------------

●コンボ展開
 相手の妨害、フリーチェーン、墓地肥しとデッキ圧縮をこなす
 非常に優秀なカード。

 相手の効果にチェーン発動し、
 魔サイの戦士を送る事で数回のチェーンブロック作成に 貢献してくれる。
 未来への思いのレベル調整にも最適。

●チェーン
 バックジャックや魔サイの戦士を絡めてチェーンを組む。
 相手の行動にチェーンしてそれを妨害しつつチェーンを組めるのがポイント。
 こちらのデッキへの知識が無ければクリーンヒットし、1:5交換なども容易に行える。

●フォロー
 基本的には魔サイの戦士と繋げてそこから多様に展開させる。
 パーツが足りない時はクリッター。
 防御と妨害にはファーファレル。
 未来への思いのサーチとチェーンブロック準備にはバックジャック。
 コンボ実行前にはホールディングレッグス。
 
 妨害要素が強化され、相手の動きを遅らせつつ自分のデッキを回せるようになった。

●その他
 サイドデッキとの相性がいい。
 除外を多用する相手にはカオスハンターを。
 月の書などの速攻魔法を多用する相手には暗黒の侵略者を。
 誘発即時をため込む相手にはプルートでけん制。

 1枚の入れ替えでデッキの主軸をほとんど変えずに大きく戦術を変える事ができる。

【ホールディング・レッグス】-------------------------


●コンボ展開
 未来への思いの成功率を格段に上げたカード。
 召喚時にすべてのセット魔法・罠を手札に戻す効果により、
 激流葬やデモチェ等の厄介なカードを場から剥がすことができる。

 相手はおとなしく手札に戻されるか、ホールディングレッグスにそのカードを
 使わなければならない。

 基本的には、相手のデッキパターンに合わせて使い方を変えていく。
 2伏せ以上が多い場合は、相手エンドにリビデから場に出して戻す使い方。
 1伏せが多い場合は、墓地から除外してそのカードを封印する使い方。

 戻った罠は、セット後発動される前にライパニで消し飛ばせばいい。
 このカードの登場により、罠カードの脅威は8割型消え失せた。

●チェーン
 チェーンが組めない訳ではないものの、それほど効果のある使い方は出来ない。
 主にコンボの邪魔をさせない為に採用。

●フォロー
 ライパニ無限コンボにはステップが存在する。
 シンクロン系を揃える事と、未来への思いを成功させること。

 この2つは相手の妨害がどれだけ大きいかによって戦術変更を余儀なくされるので、
 今まではその調整が難しかった。

 しかしこのカードにより、墓地に落ちている状態であらゆるセット状態を回避できる
 ようになった。

●その他
 墓地から除外する効果で「相手のエンド時まで封印」するのがポイント。
 相手ターンにライパニで破壊すればいいだけのことである。


【サイフレームロードΩ】-------------------------


●コンボ展開
 いわずと知れたパワーカード。
 コンボパーツが切れた際の保険から、ライパニのチェーンまでマルチな対応が可能。

 自身でエクストラデッキに戻れるため、未来への思いでありがちだった欠点の
 『シンクロレベル先がいない』という事がなくなる。

 さらに、キーパーツがすべて落ちても回収が可能。
 相手の墓地にあるブレイクスルースキルなどを離す事も可能。

 相手の手札にある幽鬼うさぎや羽根箒などを確認できる。

 除外されたバックジャックなどを戻せる。
 相手ターンにフリーチェーンを組める。

 光の護封霊剣とで鉄壁になれる。
 ホールディング・レッグスで地味な嫌がらせも可能。

 何よりもこのデッキはライパニやシンクロンを除外されると崩壊する。
 今までは「相手が除外デッキで無くても一定の対策をすることで」対応していたが、
 その分デッキの安定性が落ちていた。

 このカードの登場で、ライパニのチェーンを稼ぎつつ除外メタを張りつつ相手の手を
 読みつつコンボを再建することが可能となった。
 
●チェーン
 基本的には相手のメインフェイズに効果を使い、ライパニに貢献する。
 未来への思い等で無力化していてもチェーンは組めるので、変わった所では
 【自分のターンにライパニの効果を使いたいとき】非常に優秀なモンスターとなる。
 未来への思いでバックジャック・魔サイ・Ωと場に揃え、バックジャックと魔サイを
 リリースしてライパニをアドバンス召喚。

 この時点で、魔サイ、バックジャックがチェーンを組み、そこにΩを割りいれる。
 Ωは無効になっているので除外されず、そのまま相手ターンも残るので相手ターンの
 チェーンにも併用可能。

●フォロー
 光の護封霊剣やジェットシンクロン、タイムカプセルを掘り起こす目的等で使用。
 防御にも攻撃にもコンボにも使える優秀なモンスターで、アクセルシンクロンから
 スチームを落としスティーラーを出す事で比較的簡単に場に出せる。

 このカードで相手の注意を惹きつけるのが主な目的。

●その他
 スクラップドラゴンと入れ替わりで採用したカード。
 やはりΩは強かった。

【機装天使エンジネル】-------------------------

●コンボ展開
 魔サイの戦士、ファーファレルの登場で覚醒したカード。
 未来への思いのダメージ回避、相手ターンのチェーン作成以外に
 今回はとても重要なウェイトを占める。

 未来への思いコンボのポイントとして、ライパニ等を蘇生するカードが重要。
 それらをドロー出来ない時は、このカードと未来への思いのみで布陣を形成する。

 未来への思いを発動。
 ライパニを『攻撃表示』、レベル3のモンスター、それ以外のシンクロン1体を出す。
 そのレベル3モンスターを使いX召喚からエンジネルを『攻撃表示』で出す。
 この際重要となるのは【彼岸の悪鬼 ファーファレル】の立ち位置。
 墓地に元々ある場合は、未来への思いから無効にして出す。
 墓地にも手札にも無い場合は、魔サイの戦士を絡めることで代用が可能。

 重要なのは、ライパニとエンジネルが攻撃表示であること。
 まず自分のターンに効果を使い、どちらかを守備にしファーファレルを墓地に送る。
 そのファーファレルを使いライパニを除外。エンド時に帰還させ無効化を解除。
 相手ターンに更に効果を使い、残った攻撃表示を守備にすることでチェーンを組む。

 基本的に自分のターンはエンジネルを守備にし、相手ターンはライパニを守備にする。 
 そうする事で、相手ターンの全体除去からライパニを守る事ができる。

●チェーン
 フリーチェーンで自分ターン、相手ターン共に活躍可能。
 素材には魔サイの戦士やファーファレルを用いる事で、取り除いた後に更に
 チェーンを作り出すことが出来る。

●フォロー
 防御からチェーンまで幅広い活躍が可能。
 特に、クリスタルウィングシンクロドラゴンをライパニで倒せることが大きい。
 エンジネルの効果でライパニを対象としてチェーンを組んだ場合、ライパニの効果に
 対してクリスタルウィングが反応しても破壊されない。
 さらにその時のチェーンブロックを利用し新たにライパニがチェーンを組むので、
 クリスタルウィングはエンジネルを止めるしかない。
 しかしエンジネルを止める際のチェーンブロックを利用しライパニがチェーンを組む。
 この3段仕掛けのトリックコンボで、パワーカードを攻略できるようになった。

●その他
 ライパニの無効化解除は、かつてのゼンマイスターコンボに通ずる。
 ゼンマイスターが相手ターンにチェーンを組めなかったのに対し、
 エンジネルはその弱点を凌駕した。

 さらに手札でよく腐りやすい「獣人アレス」を素材化に利用できるのもポイント。
 しかし、このカードを採用するにあたり深淵に潜む者を抜いた。
 その為ブレイクスルースキルなどの妨害には警戒が必要。

 対策として、悪魔の嘆きから墓地に落とせるカオスハンターを検討。
 サイドデッキで細かな対応をすること。


【絶対王 バック・ジャック】-------------------------


●コンボ展開
 デッキトップを操作し、いち早く未来への思い等を引くフォローをする。
 また、墓地に落ちた時と除外する時で2回分のチェーンを比較的自由に組めるので、
 ライパニ登場後も大活躍。

 サイフレームロードΩと組合す事で、墓地肥しとフリーチェーン2回分を
 安定して供給してくれる。

●チェーン
 悪魔の嘆き⇒魔サイの戦士⇒バックジャックと繋げるのが理想。
 自身の除外効果まで含めると、嘆きから4回分のチェーンタイミングを生み出す。

●フォロー
 基本的に通常罠は悪魔の嘆き以外入っていない為、罠をセットする効果は意識しない。 
 墓地に送る効果、デッキトップを操作する効果、チェーンを作る効果を駆使する。

●その他
 デッキトップを墓地に送る際、ファーファレルや光の護封霊剣等を送ることで
 疑似的に防御札としても使える。

【スケープ・ゴースト】-------------------------

●コンボ展開
 リバースしトークンを4体生成する。
 レベル2でフォーミュラ、そこからレベル5アクセル。
 そしてアクセル効果でスチームを落とす。
 これで墓地にすべてのシンクロンが揃い、かつ未来への発動条件を満たす。

 以降はレベル1X召喚の素材や、トークンを利用してライパニのアドバンス召喚
 などにも貢献。

●チェーン
 チェーン要素無し。

●フォロー
 最悪1枚で相手の5回分の攻撃を止めれるので、防御としても優秀。

●その他
 速効性を求めるため、ゴーストリック・ロールシフトを採用。
 これにより自分のターンでリバースする事が可能となり、安定性が急上昇した。

 基本的にこのカードをうまくリバースできればそれだけですべての準備が揃うので、
 多少のアドを犠牲にしても成功させたい。


【彼岸の悪鬼 ファーファレル】-------------------------

●コンボ展開
 未来への思いで無効になったライパニを除外し、効果を復帰して帰還させる

●チェーン
 魔サイの戦士や悪魔の嘆きで墓地に落としてチェーンを組む
 リビングデッドの呼び声等で場に出した直後自壊しチェーンを組む
 (リビデ発動時にライパニのチェーンに貢献し、自壊後のチェーンでさらに貢献)

 悪魔の嘆き⇒魔サイの戦士⇒ファーファレル⇒と繋げる事で、
 1枚のカードから3回分のチェーンブロックを作成。
 ライパニと並べるとライパニ自身の効果にこれらが続けてチェーンを組むので、
 天罰やクリスタルウィングで妨害されず、それらのチェーンすらライパニに繋がる。

●フォロー
 サイフレームロードΩが存在する時、スタンバイフェイズにリビデ等で場に展開
 自壊からの効果発動で相手モンスターを除外
 同スタンバイフェイズ中にサイフレームロードΩの効果でそのモンスターを墓地に移動。
 破壊を介さずモンスターを除去できる

 また、スケープゴーストが戦闘で破壊されそうになった際、自身のゴーストを対象に
 攻撃を回避する事も可能。

 前半から後半まであらゆる場面で攻撃・防御に活躍できる非常に優秀なカード。

【ゴーストリック・ロールシフト】-------------------------


●コンボ展開
 スケープ・ゴーストのリバースを自ターンに行う。
 ゴーストリック・デュラハンの攻撃力を上げる。

 未来への思い⇒ランク4X召喚駄天使⇒ロールシフトサーチ⇒フリーチェーン用とし

●チェーン
 フリーチェーン
 ゴーストリックの駄天使でサーチ可
 ゴーストリック・デュラハンで墓地からサルベージ可

●フォロー
 月の書や闇の護封剣を対策

●その他
 ゴーストリック・ランタン等と組み合わせ、対象を取らない裏守備変更としても可


【ジュラゲド】-------------------------


●コンボ展開
 高攻撃力が増えてきた現環境で、相手モンスターを戦闘破壊するために採用。
 また、光の護封霊剣用のコストを賄う事もできる。

●チェーン
 未来への思いで場に出しても、効果は無効になりつつ
 攻撃力上昇のチェーンは使えるのがポイント。
 ライパニのチェーンの際にリビデで絡めて1枚破壊し、そのライパニの効果に更にチェー
 ンしてジュラゲドでチェーンを組みもう1枚破壊、
 その上でライパニの攻撃力を3800まで 上昇させるといった芸当も可能。

●フォロー
 初動のアクセル・シンクロン用レベル4としてのフォローが可能。
 ファーファレル&エンジネルコンボにより効果を復帰させ、攻撃力2800のエンジネルを場 に降臨させることもできる。

●その他
 環境の変化に伴い、キラートマトを防御として使う事が難しくなったためキラートマトと 入れ替える形で採用。

------------------------------------------------------------------------


以上、いかがでしたでしょうか。
これらのコンボは一部であり、すべてではありません。
ルートや分岐、チェーンの組み合わせがほぼ無限に存在する為、「本当に今チェーンが組めるのか」「どこまでチェーンが組めるのか」「どうチェーンを組むのか」が相手にバレていない限り確実に不意を突いたカウンターを仕掛けられます。

要するに、上記の使い方を相手が完全に知っていたとしてもまだ更に隠されたチェーンがあるので、これらを知らないでこのデッキに戦いを挑むと大抵は罠にはまります。

まさに【頭脳戦で戦うデッキ】としては最高傑作といえるんじゃないでしょうか。

このデッキを最後のパートナーに選んだ理由。
それは、このコンボが決まればほぼ逆転が約束されるということ。
どんなに強力なコンボでもデッキでも、この枚数でこれ以上の効果を出すデッキはほとんどありません。
未来への思いとリビデがあればそれだけで無限破壊を可能とし、一切の相手の動きを完封する事も可能です。

最後まで逆転の可能性があり、そのコンボが決まらなければ勝利は難しく、そのコンボを決めれるか否かは相手との頭脳戦に掛かっている。

これが、私が15年間心の中で求め憧れ、描いていた最高のデッキでした。

今後も少しずつ改良は進み、デッキは進化していく事と思います。
しかし、私の中で本当の理想が見えた以上、これ以外のデッキを作れたとしても納得は出来ないと思います。

よってこのデッキを私の紹介する最後のデッキとし、今回のレシピの報告とします。
少しでも皆様のお力になれれば幸いです!





スポンサーサイト
遊戯王 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。