Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その3

【PART2】

ライパニレポート、昨日の続きです。
デッキレシピはこちら


ライパニレポート、3日目です。


今回は以下の【2】ですね。前回よりは短いですよw

-----------------------------------------------------------------
●【デッキの基本的な流れ】●


1:「フォーミュラ」「スチーム」「アクセル」
   いずれか2種以上のシンクロンを墓地に送る。

2:未来への思いを発動し、相手ターンまで
  「効果を無効にしたシンクロン」を生き残らせる。

3:相手ターンにライパニ・アイリス・アレスのいずれかが存在し
  チェーンが3(アレスの場合は2まで)組めること。

-----------------------------------------------------------------


■【2】■


 ●弱点

  ・特殊召喚封じ
  ・効果破壊
  ・ライフ4000以下

 ●採用基準

  ・魔法・罠の妨害が出来る事
  ・エクシーズ召喚をフォローできる事。
  ・ライフ回復フォローが出来る事。

 ●事故回避


  ・ハーピィの羽根箒
  ・パラレル・ツイスター
  ・スクラップ・ドラゴン
  ・ジェット・シンクロン→ジャンク・ディフェンダー
  ・ダークネフティス
  ・トラップスタン・禁止令等
  ・神秘の中華なべ
  

 ★解説

  未来への思いを発動する時に一番怖いのは
  【ライフを4000失う事】です。

  ライフが4000以上ある場合はまだ立て直せますが、
  ライフ4000以下で失敗すると即敗北です。
  
  基本的な流れ1が随分早くなったとはいえ、
  十分な戦闘が出来る程強くはありません。

  故に、【致命的なダメージを回避した上で発動する】
  事がもっとも重要となってきます。
  

-------------------------------------------------------------------
【絶対に必要な条件】

 ・手札か場に「エクシーズ召喚」の為のモンスターを用意しておく事
 ・エクシーズ召喚を妨害されない事。
              
-------------------------------------------------------------------

 理想的な流れはここから3に移行して
 無限コンボを決める事なんですが、
 この段階ではそこまで考えなくても大丈夫です。

 無限コンボの条件は
 「効果を無効にしたシンクロンを生かしておくこと】
 これを発動する時点でこの条件さえ満たせればOK。

 
 但し、失敗は許されません。
 ライフに余裕があれば4000受ける事も選択肢に入りますが、
 基本的にはダメージ回避をする前提で話を進めます。


-------------------------------------------------------------------


 まず一番は伏せ除去です。
 最も理想的なのはスナイプストーカー。エンドリビデ等で出します。
 もしくはスクドラを残して自ターンを迎える事です。
 次にダークネフティスですかね。

 15/02/07現在、
 手札から未来への思いを妨害するカードはありません。
 つまり、場のモンスターとセットカードを確実に除去しておけば
 まずダメージは回避できるわけです。

 上記の伏せ除去に選んだスナスト、スクドラ、ダークネフティスは
 基本的な流れ1にも深く関わってくるカード達です。

 つまり、自分のデッキを回す上で脅威を取り払えるのです。
 相手によってはそれでは追い付かない位セットを多用したり、
 全くセットしない相手もいるかもしれません。

 ですがここで伏せカード除去にそれほど神経質になっても意味が無いので、
 そこはサイドデッキで対策します。

 オススメは【禁止令】。
 なぜ禁止令かというと、これが発動している限り
 【そのカードは場に出せない】からです。
 例えば「激流葬」を選択しましょう。
 すると、後からセットするカードは絶対に激流葬ではありません。
 という事は既に伏せてあるカードさえ除去すれば激流葬の脅威は消えます。
 あとはパラレルツイスターやスクドラでおいしくコストにすれば、
 【少なくともそのターンはかなり安全】という訳です。

 サイキック・ブロッカーではない点として、
 新規カードの「幽鬼うさぎ」があります。
 そう、サイキック・ブロッカーだとうさぎで破壊されるんですが
 禁止令は破壊されないんです。

 「幽鬼うさぎ」はライパニにとって天敵の一つなので、
 プレイ禁止に指定する事も将来出てきます。
 サイキックブロッカーでは止めきれない。

 故に、【禁止令】なのです。


 正直セットカードを多用する相手はとことん多用しますし
 使わない相手は全く使いません。

 それを戦う前から対策するのは不可能です。
 ですから、自分のデッキをサポートしてくれる範囲の中で
 脅威を取り除くカードを入れておく。

 これがここでのポイントです。
 相手のデッキを見極め、
 終末の騎士でスナストやダクネフを落とすべきか。

 終末の騎士は全体を通して大活躍です。



-------------------------------------------------------------------
【サイドデッキとの調整が一番重要なのは2】



上記のご説明でご理解頂けると思いますが、
この「未来への思いを決める」時が一番難しいです。

相手のデッキの力が一番ぶつかってくる瞬間で
ここの判断ミスは即敗北。

慣れた相手だとこっちの狙いもバレてるので絶対に阻止してきます。
故にサイドデッキとの調整が一番激しくなる瞬間です。


・罠や速攻魔法が多いのか。
・誘発即時のプレアデス等がいっぱい出てくるのか。
・手札誘発が多いのか。
・メッチャ除外してくるのか。
・墓地誘発が多いのか。

相手のデッキの【芯】を見極め、攻め方を決めて、
余分な部分を抜き去る。

最悪、4つの無限コンボを崩して1つに絞る事も必要かもしれません。
判断力が問われる分、すごい楽しいです。


ですが、【無限コンボを決める】事だけは諦めないで下さい。
それを最初から諦めると、このデッキはパワー不足故勝率が激減します。

パワー不足は、あまりある最強のコンボで補います。
意地でも戦い抜く決意が必要です。



 ちなみに最初、サイドデッキに「自爆スイッチ」入れてましたw
 自分の実力では今は勝てないと思ったら、道連れにする事もまあ
 あり…ありじゃない?(滝汗

 そこは自己判断でw


-------------------------------------------------------------------

いかがだったでしょうか。

流れ1は自分中心。
流れ2は相手中心。


この流れをどのタイミングで切り変えるかは
プレイヤーの判断次第です。

特にこの2は相手に依存する分、
サイドデッキもころころ変わります。
安定したサイドデッキを作れないのはこのためです。

明日は最後の 流れ3。
これは総合的な判断力が求められ
危険な橋も渡らないといけません。


あと一歩。最高の景色を見る為に
頑張って歩きましょう!


【PART4】

スポンサーサイト

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その4 | ホーム | ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その2>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。