Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その4

【PART3】

ライパニレポート、4日目です。
デッキレシピはこちら

今回は【3】です。明日は最後の総合的なまとめをして
レポート終了です。

-----------------------------------------------------------------
●【デッキの基本的な流れ】●


1:「フォーミュラ」「スチーム」「アクセル」
   いずれか2種以上のシンクロンを墓地に送る。

2:未来への思いを発動し、相手ターンまで
  「効果を無効にしたシンクロン」を生き残らせる。

3:相手ターンにライパニ・アイリス・アレスのいずれかが存在し
  チェーンが3(アレスの場合は2まで)組めること。

-----------------------------------------------------------------


■【3】■


 ●弱点・課題

  ・特殊召喚封じ
  ・エクシーズ先の確保
  ・無限コンボカードの確保

 ●採用基準

  ・チェーンが組めること。
  ・相手の1回の反撃を掻い潜る事。


 ●事故回避


  ・リビングデッドの呼び声
  ・手札抹殺
  ・タイムカプセル
  ・ネクロガードナー
  ・妖怪のいたずら
  ・スキルプリズナー等
  

 ★解説

  場にモンスターを揃えるだけではダメです。
  それが妥当なチェーンコンボとなるのか。
  相手からの反撃を回避できるか。

  総合的な判断力が試されます。
   

-------------------------------------------------------------------
【選択するレベル】


以下はまず未来への思いで選ぶレベルです。
基本は以下の8パターンです。



 ★2・3・5(フォーミュ・スチーム・アクセル) 

   他にレベル4モンスターがいる時や
   これで勝てると思った時に出す布陣。
   通称「デルタアクセルマーシナリー」(厨二感)

   ここにライパニやアイリスを絡めれば
   半永久的にコンボを回転させることが出来る最強の布陣。
   ライフを捨てて勝利を掴め!
  

   但しライパニはレベルの都合上アクセルの効果が使えないので
   他に低レベルモンスターが必要。
   スチームがいない場合はレベル3でエクシーズし「エンジネル」になる事で
   リビデから蘇生したライパニ等が大嵐を受けた際に
   防御しながらチェーンを組める。  



 ●(2/3/5)・(2/3/5)・4(アクセル系・アクセル系・トマト等)

   ラヴァルバルチェインからコンボにつなぐオーソドックスな組み合わせ。
   チェインで「妖怪のいたずら」「ネクロガードナー」を落としてのサポートから
   「ライパニ系」を墓地に落とすことでの蘇生フォローも出来る。

   または「深淵に潜む者」をエクシーズして相手ターンのチェーンに貢献する。
   この場合墓地にライパニやアイリスが落ちていて、リビデがある事が条件。


 ●(2/3/5)・(2/3/5)・6(アクセル系・アクセル系・アイリス等)

   場にレベル6モンスターが残っている状態で発動するコンボ。
   アイリスとエクシーズしトレミスM7になり、トレミス効果で
   アイリスを回収。トレミスをリリースしアイリスをアドバンス召喚して
   布陣を整えるコンボ。
   ヴァルカンからのリビデバウンスが成功していれば
   自分からリビデ発動→シンクロンとチェーンさせる事で無限ドローに入れる。
   リビデが無くてもチェーンが組めて奇襲性も高いが、
   アイリスのサーチ方法が少ないのがネック。   


 ■3・4・7(スチーム・トマト等・ブラロ)

   いわゆる「戦線維持」コンボ。無限ループが出来ない時に使う。
   ゼンマイスターをエクシーズし
   スチームシンクロンを裏→表にして活性化させ
   相手ターンに牙王を出して防御するコンボ。

   牙王はあくまで時間稼ぎ。2枚目の未来への思いを引くまで耐えてもらう。
   相手のデッキによってはかなりの制圧力を誇る。


 ■2・8・4(フォーミュ・スクドラ等・トマト等)

   上記とほぼ同じ。但し、閃こう竜スタダがいる場合は
   閃こう竜の効果にチェーンしフォーミュラ(ゼンマイスター効果済)を発動。
   牙王がチェーン2で出てくるので奈落を回避する事が出来る。


 ▲3・4・5(エアサーキュ・トマト等・アクセル)

   激流葬の可能性を捨てきれない場合、またはエクシーズが出来ない場合に選択する。
   激流装を受けてもサーキュレーターでドロー出来、
   トマトは相手ターンにサーチ可能。
   アクセルも問題なく墓地肥しが出来るので
   次の動きを繋ぐ壁としての役割を果たす。
   アクセルが生き残れば高レベルシンクロでの反撃も可能。


 ▲※・6・7(任意のレベル・ヴァルカン等・ブラロ)
  ※・4・5(任意のレベル・トマト等・アクセル)
  ※・3・4(任意のレベル・エアサーキュ・トマト等)

   妖怪のいたずらが墓地に落ちてる時に使うコンボ。
   片方のレベルを下げて無理やり星を合わせる。
   トレミスM7が出せるレベル6エクシーズ以外は
   リターンが少ないので、基本はリクルーターやサーキュ等を
   そばに置いてドロー補助が出来るようにする。



 ▲1・3・4(ジェット・エア・トマト等)


   アクセルシンクロンがいない場合に選ぶ。
   ジェットはシンクロ成功時に「ジャンク・ディフェンダー」を
   サーチできるので小回りが利く。
   リビデがある場合はチェインからスチームを墓地に送り、
   相手ターンにレベル6ヴァルカンで反撃するのも可。
   その後、ジェットとシンクロしブラロで一掃しながらディフェンダーを加えて
   がら空きの場を防御しよう。



-------------------------------------------------------------------

★が理想。●が妥協点。■が戦線維持。▲は完全防御。

単に未来への思いと言っても、
これだけ役割が異なります。
(パターンはまだ10種類以上ありますが、多すぎるので略)

理想は★なんですが、大抵は妥協点●がほとんど。
状況によっては■・▲へとシフトして戦い
コンボを諦める事も出てくるかもしれません。


ですがこのコンボの最大の特徴は
「未来への思いがあればいつでも必殺の布陣を敷ける」という事です。


この未来への思いはダメでも、
次の未来への思いは通じるかもしれない。

正しく「未来を信じる」デッキとなるわけです。


-------------------------------------------------------------------
【奇襲を仕掛ける、メインフェイズのコンボ】


このコンボの最大の欠点。
それは相手メインフェイズでは
まず相手に優先権があるという事。

つまり
最初の1回は相手の行動を許してしまう事になります。



よくあるパターンが「ブラックホール」や「ハーピィの羽根箒」で、
後者はエンジネル型で事前にガードできますが、
ブラックホールはまず無理です。

この場合は禁止令で封印しましょう。


優先権については難しいですが、基本的には
「クイックエフェクト(スペルスピード2以上)だけ意識してればOKです。

カードをセットしたり、召喚したり、表示形式を変更したり
チェーンが終了したタイミングでは
まずクイックエフェクトの優先権があります。

例えば増援です。
増援でエアーマンを手札に加えたその瞬間に
まず相手にクイックエフェクトの優先権があります。
それを相手が放棄したら、こちらにクイックエフェクトの優先権がうつる。
そこで改めて【マインド・クラッシュ】を発動しエアーマンを捨てる事が出来ます。


このクイックエフェクトの優先権は複雑ですがこう考えると簡単です。


もう一つ例を挙げましょう。
相手がモンスターの召喚成功時、激流葬を撃てますよね?
これは召喚成功時にクイックエフェクト発動の優先権があるからです。

当然相手は自分が召喚したモンスターに激流葬なんてまず撃ちませんから
相手はクイックエフェクト発動の優先権を放棄します。

すると自分にクイックエフェクト発動の優先権が移るので
自分は激流葬をそこで撃つことが出来るんです。


これが存在しないと
モンスターが召喚された段階で相手に
「スペルスピード1や他の行動を可能とする優先権」がうつり
普通にまた通常魔法を発動出来たりしてしまう。

とあるタイミングを指定するカードは全く発動できなくなっちゃいます。


このルールを最大限に利用し
クイックエフェクト発動タイミングで
動きまくるのがこのコンボの特徴です。
こっちの使うカードはすべてスペルスピード2。
相手のスペルスピード1のカードをすべて封印できます。



話を元に戻しますね。
まずメインフェイズ開始時は相手に
「スペルスピード1や他の行動を可能とする優先権」があります。

これは絶対に追い越せません。
よってこの行動1回をいかに狡猾に回避できるかにすべてが掛かってます。


そこで不利なのが
あからさまにライパニ等を場に出しておくことです。

コンボが決まるのが丸見えなので、
相手は一番致命傷を与えるカードを使ってきます。


それで場が崩れたら折角の苦労が水の泡ですので
【コンボが不完全であるように偽装する】事が最も重要となってきます。


-------------------------------------------------------------------
【偽装コンボを可能とする「言葉」や「罠カード」】


偽装に必須なのは場にライパニ等を出さない事です。
ライパニが出ていなければ一見コンボは成立しないように見えます。
シンクロン関連はロストスターディセントを用いて
同じようにステルス奇襲出来ますが、
カード枠がキツすぎてこれは採用してません。


最もオーソドックスなのはリビデや幻泉での蘇生です。
先ほどの「クイックフェクト発動の優先権」に話を戻しますね。

モンスターの召喚、カードのセット、表示形式の変更やチェーン処理完了後には
互いにクイックエフェクトの発動タイミングがある事をご説明しました。


相手が最初に行った1回の行動が何であれ、
その行動後にはクイックエフェクト発動タイミングがある訳です。


その相手の1回の行動が終わったタイミング。
このタイミングでリビデ等を発動しライパニ等を出します。


同じくモンスターの特殊召喚成功時、
クイックエフェクト発動タイミングが現れます。

ここで相手のクイックエフェクトが飛んでくるかもしれませんが確率は結構低いです。
(月の書やサイクロンや禁じられた聖杯くらい。罠は前のターンでほぼ撤去してるので)


モンスターの特殊召喚成功時に
こっちにクイックエフェクト発動の優先権がくれば、
もうそれでほぼコンボは成功といってもいいでしょう。
無限ループが始まり、止めれるカードはクイックエフェクトや誘発効果のみ。

チェーン終了後はライパニやアイリスの強制効果が入り、
それにクイックエフェクト発動タイミングが生じて更にチェーンが組める。


アレスもチェーン終了後にクイックエフェクト優先権を利用して
またシンクロンの効果を使って…と行動可能です。


あとは【言葉】での偽装ですが、
「あ~ヤバイ…ここは耐えるしかねえ…!コンボ決まらねえよ…!」
という風にうまく演出してくださいw

コンボが決まるからと興奮すると、ばれますw


-------------------------------------------------------------------
【どの無限コンボをどう使うか】


一番優先度が高いのはアイリスです。

圧倒的物量で相手を殲滅できますし、
2回目の未来への思いすら用意できる。
但し、手札抹殺喰らったら最悪即死します。


次は状況次第ですが、場を選ばないのならアレス&中華鍋です。
アレスはチェーン2まで組めればOKなので難易度は低いですが
その分弱点も多いです。
が、これが神秘の中華なべと組み合わさる事で
最強のコンボへと変化します。無限ライフです。

アレスはチェーンを組む度攻撃力を上げるので、
攻撃力を999999999999999999999500
以上にする事も出来る。

それをライフに換算できればその時点でまず敗北は無くなります。
未来への思いのコスト4000なんてかすり傷にもなりません。

これが決まった時点で相手はデッキ切れを狙ってきます。
それまでに2回目の未来への思いを準備する等対策しましょう。

ちなみに僕はエアーネオスで攻撃力を100兆にされて負けたことがありますww
これだけは注意してくださいね…!(迫真


さて、3番目はライパニです。
これは相手が場をコントロールする形成型だとより効果的ですね。
何を出しても何をしても徹底的に破壊するので
見てて爽快です。
但しライパニはアクセルとのチェーンが組めないので、
スティーラーでダウンさせたり妖怪のいたずらを使用したり
別のリビデでモンスターを更に出してレベルを合わせる事も必要。

失敗すれば大打撃を受けるのでもっとも判断が難しいです。
1ターン耐えれれば、次ターンはレベルスティーラー等で
ライパニのレベルを下げればおkです。もう完璧です。


最後にアレス。
これはお互い消耗してる時に出すと感動します。

ねらい目は、「相手がモンスターを出してバトルフェイズに入る瞬間」です。
この瞬間リビデから出して、一気にチェーンをブーストします。

攻撃しようとしたら相手の場にATK1000000000000000000
のモンスターが出てきたら
そりゃびっくりしますわねw

しかも、表示形式を変更できない訳です。
次のターンにアレスナックルでゲームエンド。
シリンダー喰らったらこっちが死にます。

ちなみにアレスの効果は永続効果なので、
天罰等は食らいません。(隣のシンクロンが天罰食らいますけどねw)


下手にリリースが要らない分使いやすいですが、
普通に出しても中々決まりません。

ただ、消耗しきった最後に出すと思わぬ逆転が出来る可能性はあります。



-------------------------------------------------------------------



いかがだったでしょうか。

相手を欺き、いかにも「不完全なように見せかけて」
クイックエフェクト発動タイミングを獲得してブーストする。

これに成功するか否かは
それまでの攻め方次第。
相手に猶予を与え続けていればハーピィやブラホも温存されます。

うまく攻めていきましょう。



さて、これにて無限コンボの流れは完了です。


しかしこれだけではまだ【一撃必殺を狙った安定しないデッキ】のまま。
ここから重要なのは「シンクロンを活用しないチェーンコンボ」です。


完全ではありませんが十分強力なコンボで、
これは自分のターンにでもチェーンが組めます。

これを見つけたからこそ僕のデッキが完成したと言っても
過言ではありません。


明日は最後の「秘密」を記載して終了とします。




今回もお読み頂き有難うございました。


【PART5】
スポンサーサイト

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その5 | ホーム | ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その3>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。