FC2ブログ

Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その5

【PART4】
デッキレシピはこちら

ライパニレポート、5日目です。


今回は最後のまとめという事で、
自分のターンにチェーンを組むコンボや
採用カードの使い方について色々記載します。


-------------------------------------------------------------------
●キラートマト

 
 薔薇の刻印とスポーア、そして終末の騎士リクルートと
 デッキの中核となる僕のエースアタッカーです。

 その昔トマハン時代にこのカードの優秀さは十分理解しており、
 それは今なお通じると思ってます。

 基本的に自爆特攻からの使用になりますが、
 この際自爆特攻を繰り返し「トマトを2枚墓地に送る」事を意識します。
 3枚目まで自爆特攻すると、
 「未来への思い」でエクシーズする用のレベル4が無くなるからです。

 貪欲な壺はキーパーツを戻すので不採用。よって
 薔薇の刻印・スポーア・ブラロ・ダークネフティスのコストを確保するには
 墓地にトマト1枚だけでは不安です。
 トマトを1枚だけ残しておく。微妙なプレイングですが
 繰り返し戦うと効いてきます。


●ジャンク・ディフェンダー

 新しく登場した「ジェットシンクロン」でサーチできる事と
 自分・相手で誘発即時チェーンが組める事。
 そして何よりがら空きの場を防御できる事から採用してます。

 このカードのサーチ方法は
 「ジェットシンクロン」と「増援」があります。
 増援は主に終末用ですが、それだけだと増援が事故るので
 このカードを呼ぶこともあります。

 自分のターンでチェーンを組む際は非常に重要なカードとなり、
 ライパニと一緒に出すことでアクセルシンクロンのレベルフォローも
 できます。

 チェーンを組みだす前はあまり役割が無いので
 万能に動けるわけじゃありません。


●薔薇の刻印

 恐らくこのデッキで一番浮いていると思われるこのカードですが
 戦術上非常に重要な役割があります。

 1つ目は
 エクシーズ素材として使用する事。
 「未来への思い」を発動すると特殊召喚出来ない為、
 除去&エクシーズフォローとして。


 次はリリース用としての使用。
 高レベルモンスターを奪取した場合は
 そのレベルを下げてスティラーを出しライパニのフォローが出来ます。
 神秘の中華なべで、おいしく食べる事も出来ますしねw

 最後に一番強力なコンボとして
 「発条装甲ゼンマイスター」による永続コントロール奪取ですね。
 裏にしてしまえば薔薇の刻印が外れてもコントロールが戻らないので
 それで永久奪取となります。

 戦闘破壊補助としても有効です。
 コントロール奪取して守備表示にし、
 その後刻印をヴァルカン等でバウンスすると
 守備表示にした状態で相手フィールドに戻ります。


 今までの記事で書いた「基本的な流れ1~3」の内、
 どこで発動しても困る事はありません。
 何よりも無限コンボの流れを応用して
 大きな成果を出せるのは重要なポイントです。


 相手のサイクロンをこのカードに使わせるというのも手ですね。
 いずれにせよ、一度コントロール奪取したらまず相手には返しません。


 余談:最初は精神操作を採用していました。
    ただしリリースが出来ない上に
    裏守備モンスターの頻度がずいぶん少なかったので抜きました。


●トラゴエディア

 
 トラゴエディアが強い場面は基本的にデュエル開始時です。

 手札がコンボパーツばかりで戦闘面に期待できない場合、
 それを手札に持っておくことでこのカードの攻撃力に貢献できるからです。

 つまり前半の戦線維持とコントロール奪取効果で
 効率よく墓地送り&エクシーズ召喚が出来る事です。

 特に「未来への思い」は自分のターンに特殊召喚できなくなるので、
 相手ターンにトラゴエディアを出して生存させることは極めて
 有効なプレイングといえます。

 よく使うコンボは、相手ターンにトラゴをだし、
 次のターンにレベルを4か6に変更。
 そこから未来への思いを発動しエクシーズする流れです。
 4ならばチェイン等を、6ならばトレミスM7になり、
 後者の場合アイリスを回収する事が出来れば
 そのまま無限ドローまで繋げられます。

 更にこのデッキは「未来への思いを使う」というコンセプト上
 墓地に色々なレベルのモンスターが貯まりやすいです。
 【トラゴエディアで場を制圧する】というよりは
 【噛み合っていない部分をトラゴエディアで補う】
 という使い方が正しいですかね。 

 昔はこのカードで場を制圧する事も出来たんですが、
 ラグナゼロの危険性もあり
 基本的にはアドを失わない間に場から離すことが重要です。

 そしてなにより一番このカードが輝くのは、
 アイリス無限ドローが決まった時ですね。
 攻撃力は軽く10000を超えますので超気持ちいいですw


●ダークネフティス


 最後までこのカードを採用するか否かで悩みました。
 もしかしたら将来抜けるかもしれませんが
 このカードの役割はズバリ【基本的な流れ2】の未来への思いフォローです。

 当初は「シャドール・ドラゴン」を採用していました。
 リバース効果で場のカードを空けれる上に、攻撃力も高い。
 そして何より【終末の騎士で墓地送りしエンドサイク同様の動きが出来る】
 これがメリットでした。

 未来への思いを発動する前に伏せ除去をするのは鉄則なので、
 その点非常に強力だったんですよね。
 未来への思いで場に出せば激流葬受けてもサイクロン効果でアド取れますし。
 

 ただリスナーから【強すぎる】といった声が上がりました。
 かといって代用のトリオンを採用できる余裕もない。
 そうして辿り着いたのがダークネフティスだったという訳です。

 このデッキは罠5枚が蘇生カードなので
 中々の働きをしてくれます。

 手札から捨てる効果も
 けん制する意味合いで役に立ってます。
 
 しかし欠点もあり、この効果は強制効果なので
 自分のターンにダークネフティスが蘇生したターンは
 未来への思いが打てません。

 それはバッティングしないよう
 うまくプレイングでカバーしていく必要性があります。



●スナイプストーカー

 主にトマトや終末からサーチして
 未来への思いを発動する前に場を一掃する役割を持ってます。


 このデッキは特に手札事故が多く、
 ライパニやアイリス、妖怪のいたずらやアレスが手札に来ても
 場を突破できません。


 そんな時に1:1交換で場を突破してくるこのカードは
 思わぬ救世主になります。

 スティーラーやジェットシンクロンを捨てて場をこじ開け
 そこからジェットシンクロンを出すことで
 アクセルシンクロンへもアクセス可能。
 
 相手の場も空いているので
 スチーム→スクラップという流れで
 ロス分のアドを取り返せます。

 相手のデッキに左右されず使え、
 例えアドを失っても「未来への思い」さえ残せば
 取り返せる。

 ただし使うのは「貴重な手札」なので
 デュエル中活躍できるのは多くて2回までです。

 しかしこれ以上頼れるカードも無いという
 絶妙な立ち位置にいますねw

 手札を捨てる事でコンボを促進して確実なものにする…
 そういった意識での運用が重要となってきます。


 余談ですが、未来への思いで効果を消しても
 手札を捨てて発動する事自体は出来ます。
 【リビデがあるけどライパニも手札にある】といった場合は
 あえてこの効果を使って墓地に捨てるという事で
 バランスを取る事も出来ます。 


●ジェット・シンクロン

 ジャンク・ディフェンダーのサーチに
 アクセルシンクロンへのアクセス、
 そして手札を捨てて特殊召喚出来る事。

 バケモンチューナーですね。

 手札にスティーラーが来た時でも
 アクセルの効果でジェットを墓地送りすれば
 ジェットの効果でスティーラーを捨てれる。

 更に手札にダブってるアイリスやライパニ、
 スチームシンクロン等も墓地送りが出来
 「手札にいると邪魔なカード」
 を墓地に移動させる事が出来ます。

 ジャンクをサーチする効果は「発動出来たらいいな」
 レベルなので、状況に応じてサーチするか
 サーチせずに墓地からの蘇生効果を使うかを
 うまく選択する必要があります。

 
●調律

 アクセルシンクロン用の
 チューナーサーチとして採用してました。

 シンクロンを使う上で重要なカードではありますが
 今回はこのカードの採用を【1枚だけ】にしてます。

 コンセプト上
 アクセルシンクロンでシンクロンを墓地送り出来、
 調律で手札に持ってくる必要性があまりない事。
 
 そしてアンノウンシンクロンがトマト経由でサーチ出来て
 トマトとスポーアがローンファイア経由でサーチ出来る事。

 つまり【2枚以上シンクロンを呼ばないといけない場面が無かった】
 ので抜きました。
 
 ジャンクシンクロンやクイックシンクロン型になると
 複数採用されると思いますが、
 デッキトップを墓地に送る効果でたまに「未来への思い」が落ちるので
 1枚が一番安定しています。


●手札抹殺

 抜けるかもしれないカードの筆頭がこちら。
 基本的には手札事故となったカードを墓地に送り
 プールを回復させることです。

 手札にあって役に立たないカードは
 逆に【墓地にあると役に立つカード】でもあるので
 必要な場所に移動出来るのは実はかなり効果的です。

 他には「未来への思い」を引いたり、
 逆に手札のモンスターを捨てて「未来への思い」のサポートをしたり。

 
 そして思いがけない副次効果として
 【こちらのコンボを知っている相手が温存している
  ブラックホールや羽根箒を叩き落す】事が出来ます。


●タイムカプセル


 一部の方と討論になったこちらのカード。
 皆さんも【封印の黄金櫃】の方が良いと思われるでしょう。
 が、このカードにしかないメリットこそが重要なんです。

 ・カードの内容が分からない。
 ・場に残る。
 ・破壊「される」


 まず内容が分からない事が第一です。
 例えばここで僕が「未来への思い」を黄金櫃でサーチすると
 相手に目的がバレバレです。
 
 未来への思いは基本的に1ターンに1度しか発動できないので、
 これを黄金櫃でサーチした時点で【僕の手札には未来への思いが無い】
 という事がバレてしまいます。

 無論その考えを逆手に取り
 あえて未来への思いを持っている時に
 再度未来への思いをサーチする事も可能っちゃ可能ですが、
 このデッキはやる事があまりにも多いのでそんな余裕はありません。

 何を加えたか分からないからこそ
 こちらの狙いが分からない。コンボの完成具合も読まれない。

 一撃必殺の豪快なコンボを狙うデッキだからこそ
 相手に下手な情報を与えないようにします。

 また、モンスターをサーチした場合は
 異次元からの埋葬による妨害を阻止できます。
 (不明カードに対しては埋葬は発動できない)


 次に「場に残る」という事。
 パラレルツイスターで墓地に送る際や、
 獣神ヴァルカンでバウンスする事も出来ます。
 この際はサーチしたカードを加える事が出来なくなりますが、
 逆に「いらないカード」をカプセルに入れておくことで
 デッキ圧縮が出来ます。

 最後に「破壊される」という事。
 このデッキは前の記事で説明した通り
 【リビングデッドや幻泉】が重要なキーカードとなります。
 サイクロン等でカプセルが破壊される事も
 逆に戦術的には良しという場面も多々あります。


 何より、イラストがカッコイイ!

 そしてこのカードでサーチする場合
 僕は「タイムカプセルの下にカードを置く」事にしてます。

 カプセルに封印している気持ちになりますし、
 たまにある「封印の黄金櫃でサーチしたのに加えるのを忘れてた」
 という事も起こり得ません。


 機能性を重視するのもいいかもしれませんが、
 それは【サーチカードを加える】という目的においてのみ
 黄金櫃に分配が上がるのであって、
 戦術的な副次効果を含めると僕は相互互換だと思ってます。

 値段もカプセルの方が安い。
 ひねくれものの僕にとっては最高のカードです。
 (もちろん時と場合によります。このデッキは
  一撃必殺の戦術故に必要なのです)


 タイムカプセル系は万能サーチですが、共通の欠点としてラグが生じます。
 加えた時には必要無くなっている場合も、役に立たない場合もあります。
 それを含めて加えるカードは【万が一】を考えて選考します。

 例えば「レベルスティーラー」が欲しい場合、
 レベルスティーラーをサーチするのではなく
 「キラートマト」や「終末の騎士」をサーチします。

 【失敗したら立て直し出来ない】というカードはまず入れません。
 が、時にはハーピィ等の強力なカードを封印する時もあります。
 それらを含めて「相手にバレない」からこそ強力ですね。


●妖怪のいたずら

 
 使い方は色々ありますが
 もっとも強力な効果は「墓地に落ちてから」です。
 レベルを1つ下げる効果は

  ・相手の妨害
  ・未来への思いの単独サポート
  ・ライパニのレベルを下げてアクセルブーストコンボ
  ・チェーンを稼ぐ


 と、痒いところに手が届きます。
 何より「ラヴァルバルチェイン」で墓地送りできるのがいいですね。
 前回の記事で書いた通り、未来への思いで一番出るのはランク4。
 その時に満足できるチェーンが組めない場合、
 妖怪のいたずらやネクロガードナーを送って補強できます。



メインデッキのカードは以上となります。
直接デッキコンセプトに関係の無いカードは
縁の下の力持ち。


目立ちはしないですが重要な役割があり、
デッキの回し方を理解する程威力を発揮するカードです。
 
 

さて、次にエクストラデッキの紹介です。
-------------------------------------------------------------------
【必須カード】

「シンクロ」
●11:星態竜
●10:牙王orドラゴアセンション
●09:鬼岩城or浮鵺城
●08:スクラップドラゴン

●06:獣神ヴァルカン
●05:アクセルシンクロン


●02:フォーミュラシンクロン



「エクシーズ」
●06:セイクリッド・トレミスM7

●04:ラヴァルバルチェイン
●03:機装天使エンジネル


実は必須と呼べるカードは
それほど多くありません。
上記の中でも抜けるカードはあります。



但しコンセプト上、
アクセルシンクロ先は絶対に用意しないといけません。

-------------------------------------------------------------------

アクセルモンスター3体のレベルは 2・3・5。

ライパニだと 7+2 7+3
アイリスだと 6+2 6+3 6+5
アレス だと    3+3 3+5

-------------------------------------------------------------------

最低でも6.8.9.10.11は使う場面が多いという事です。

そして次に、未来への思いでエクシーズする先。
基本的にアクセルモンスターを未来への思いで蘇生するので
そのレベルを邪魔しない【レベル4】が一番多くなります。
その中でもデッキを回転させチェーンに貢献してくれる中では
「ラヴァルバル・チェイン」が必須かなと。

後はデッキによって選択を変えればおk。
僕は他にもブラロや深淵に潜む者、エンジネル等を入れてますが
これはちょくちょく入れ替わります。

ブレイクスルースキルが多い場合は、
カンゴルゴームを入れてブレイクスルーを「逆に利用し」
こちらのシンクロンの効果を無効にする戦術も取れるでしょう。

カンゴルはこちらの発動したライパニの対象を
移し替える事も出来ます。一見意味がなさそうですが、
ライパニ→カンゴルとチェーンを組むことで
ライパニのフォローにも貢献出来ます。

-------------------------------------------------------------------
【未来への思い不完全版でのコンボ】

では最後です。
未来への思いが不完全または
アクセルモンスターが十分揃わなかった場合に
どうやってチェーンを組むのかご紹介します。


1:終末の騎士・ジャンクディフェンダー・閃こう竜orダークネフティス


  上記のカードはそれぞれレベルが異なりますので
  基本的に未来への思いを発動すれば同時に特殊召喚できます。

  特筆すべきはこれらのカードの特性。
  そう、出た時点でチェーンを3つ組める組み合わせなのです。

  まず特殊召喚成功時にダークネフティスの強制効果。
  次に終末の騎士の任意効果。
  最後にジャンク・ディフェンダーの誘発即時効果。

  これらは無効になってても発動は出来るので
  問題なくライパニ等の効果を使用できます。
  
  そして更に終末の騎士をエクシーズ素材にして
  深淵に潜む者を出します。
  
  すると、相手ターンになるとジャンク・ディフェンダーと
  深淵に潜む者が誘発即時効果持ちで待機できます。


  この時ダークネフティスではなく閃こう竜の場合だと
  同じく誘発即時が打てるので
  これらのカードだけで自分・相手ターンに限り1度ずつ
  効果を使えます。

  そう、その為のダークネフティスですね。
  ここに行きついた事が最大の成果でした。

  見た目が派手なデッキだからこそアクセルモンスターは
  除外や妨害の対象になりやすいです。

  以前はそれを防がれると立て直しも出来なかったんですが、
  今回の場合はそのアクセルモンスターをフォローするカードで
  第2のチェーン布陣を組めるようになったんです。

  他にも相性のいいカードはあります。
  ノートゥングや月華竜ブラックローズです。
  これらも強制誘発があるので、
  デッキによっては十分採用可能。

  未来への思いを発動したらその時点でチェーン3つという
  イカス展開になるわけです。

  
  カードの補助に過ぎなかったカードが主役にもなれる。
  まさにどのカードにも【ちゃんと出番がある】事が
  最大のウリですかね。


よって、多少の除外には強い構築となっております。
が、度が過ぎて除外されると無論弱くなるので
その為にサイドに「ネクロフェイス」が入っています。

基本的にはゼピュロスとセットで使用し
トマトでネクロフェイスをサーチして
そのネクロフェイスを戻してから召喚する感じですね。

ゼピュロスは同じくサイドデッキの「ノートゥング」で
召喚フォローも出来るので相性は中々いいはずです。

メタカードの枚数は少ないですが、デッキがそれを補う動きをするので
確実に成功させることが出来るのです。


-------------------------------------------------------------------
【最後に】

長々となったこのレポートを
最後まで読んで頂き本当に有難うございました。


正直このデッキが出来た時
「あ、俺死んでも悔いないわ」と思いました。


自分が真剣に取り込み満足できるものをこの世に残せた。
なによりも代えがたい【誇り】を感じてます。
大げさに聞こえるかもしれませんが、
僕が好きな言葉に以下があります。

【真剣に取り込んだものはすべて代えがたい「宝」である。
 社会に認められるか否かで評価の差はあるが努力に違いはない。】


人によっては僕の事を「ライパニの人」とおっしゃって下さる
方もいますが、そんな事はありません。
偶然あの時見てくれた皆が僕を応援してくれたから今の僕があり、
それはその時タイミングが良かったからにすぎないんです。

今デュエル動画を見ると、僕よりもスゴイ構築の人もいれば
ハイセンスな編集動画もあります。


今いる立場は単なる結果です。
皆さんがデッキを組むうえで行った【努力】は
等しく貴重な宝なのです。


僕は自分のデッキに誇りを持ってます。
社会的に価値が無くても構いません。」

【それに向かって真剣に取り組めた自分】こそ
人生において大きな意味を持つ成果ですしね。

大きな壁にぶち当たった時、そこで諦めるんじゃなく
それを超えてやろうという気持ちで向かう事。


7年間ライパ二でデッキを組む上で
常に何か「引っかかる」場面や満足いかない場面がありました。

それを僕は心の底で覚えていたんだと思います。
だからこのデッキが出来た時、
その引っかかる部分が全くない事を実感できました。

これこそ僕が求めていたデッキなんだと。


この記事は単なる僕の自己満足です。
が、興味のある方が見て下さり
その結果その人のお役にたてるのならば
これ以上嬉しいことはありません。


そして是非、いつかデュエルをしましょう。
今こうして交流できること自体、また【宝】な訳ですしね。
それでは、有難うございました。

レポート終了です!
スポンサーサイト

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<【まとめ】初めてデュエルオフ会に参加する場合の心得など | ホーム | ライトニング・パニッシャー完成レポート【ラスト・ライトニング】その4>>

コメント

ライパニの家臣様>

メッセージ有難うございます!
ライパニに関しては、
他のカードとコンボする事が必須で、
そのコンボの延長線上でアドを取るという
非常に難しい性質が難点ですね><;

コンボが強すぎると
ライパニで出来る事がコンボ内で出来てしまうし、
コンボが弱すぎると立て直しが効かない。

何より、ライパニよりコンボが目立つと
「ライパニデッキではない」と
言われやすいのが一番辛かったところです。
結果、1つの決まったカテゴリーに依存できないので
シャドールも僕は組めなかった訳です。

一番大切なのは「どういう形でライパニが決まるとカッコいいか」を
明確にイメージする事だと思います。
その「カッコいい」は、人によって様々と思います。

自分がカッコいいと思ったものが【本当に作りたいもの】ですしね。

僕の「カッコいいライパニ」はこの形だっただけですので、
ライパニの家臣様の「カッコいいライパニ」をいずれ拝見できる日を
心から楽しみにしております…!


PS:海外新規のカード初めて知りました!
   現状「妖怪のいたずら」の方が無限コンボのフォローが出来て都合がいいですが、
   今後色んな可能性を見つけられそうで僕も研究したいと思います!

2015-03-20 Fri 04:16 | URL | ふるめた [ 編集 ]
はじめまして。数年の間、こっそりとふるめたさんの動画やブログを拝見させていただいていた者です。
前回紹介されたTG型ライパニのレポートやレシピを見た時、あまりの感動にいよいよコメントを残そうかとも考えていましたが、今回こそはと、一言残しておきたく思いました。
実は僕も「ライトニングパニッシャー」が登場して以来そのアウトロー(?)な効果に惚れ込んでデッキを組んでいました(だからこそふるめたさんのブログに行き着いた訳でもあるのですが)。
しかし、愛情の入れ方はふるめたさんには遠く及ばず。1枚たりとも無駄にしない、かつライパニを主役にできるデッキを目の当たりに出来て感無量であります。
僕も僕なりに、カードプールの変化と同時にあらゆるカードとの組み合わせを考え、高校や大学の授業中もライパニの事が頭から離れず、良くも悪くも印象強いです。
最近はシャドールにライパニとチェーンカードを入れるデッキを構築していました。影依融合でライパニをデッキから落とせ、更に融合素材となったシャドール達でチェーンを組むことが出来、巣窟やクリバンで墓地発動できる罠と一緒に墓地を肥やすことが出来たりとまあまあの安定感は得られたのですが、やはり「ライパニが事故の原因」というあまりにも残念な欠点を抱えていました。
だからこそふるめたさんと、そのデッキには尊敬の念を覚えずにはいられないのです。
その飽くなき探求心を見習い、僕もライパニを主役としたデッキを何とか導き出せるよう精進していきたいと思います。これからも参考にさせて頂きます。

ところで、海外先行で登場した「Mischief of the Gnomes」についてどう思われますか? レベルを1下げることでアドバンス召喚のリリースが1体になる上、墓地発動が可能なので2回チェーンを組むことが出来るので個人的に注目しています。最近は帝やクリフォ(こちらは微妙ですが)などでアドバンス召喚の救済もされており、ひょっとするとライパニをアドバンス召喚するというデッキも選択肢として出てきたのではないかと考えています。


長文失礼いたしました。
2015-03-19 Thu 18:56 | URL | ライパニの家臣 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。