Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【遊戯王OCG引退について】

ご無沙汰しています、ふるめたです。

twitterの方では先にお話ししましたが、遅くとも今年いっぱいを持って、遊戯王OCGから引退する事を決めました。
引退といっても一切カードをしないという訳ではありません(詳細は下記にて)

まずは、引退するに至った経緯からお話しいたします。
主な原因は、以下の4つです。


【1】自分のやりたい戦術で勝つ事に限界を感じた。


 私は、「皆が使わないようなカードや戦術で相手の裏を書き、狡猾に勝利を掴む」
 といった事を目標にしていました。
 カードはタイミングや処理方法によって弱点が増えたり減ったりするものと思っています。
 昔はそういった【穴】を突く事で、どんなデッキでも回せる自信がありました。

 だからこそ【賭ける】事ができました。
 逆転のチャンスは残されていると信じて、一瞬のスキを狙い逆転する事も可能でした。

 しかし今はそれが出来ません。
 たとえ全体除去を成功させても、スケールが揃えばモンスターは復活し、
 罠や魔法は墓地から取り除いても効果がある。
 
 更にカード1枚1枚に色々な効果が付いており、
 どんな状況でもベストな状態へ繋げるシナジーがある。

 もはや手札事故はほぼ起こりえません。
 それに対抗するには、こちらも手札事故が起こらない構築が求められます。
 そうなると、より大がかりなコンボが使えず成功もしなくなる。
 必死で考え抜いたコンボの8割以上が、実戦前に泡となって消える事もザラでした。

 ようするにアドバンテージの考え方自体がすでに私の理解の範ちゅうを超えており、
 自分の戦術そのものがもはや通じなくなっていました。


【2】価値観のギャップに苦しんだ。


 ある時、私は自分のデッキのすべてを出し切り勝利しました。
 相手のプレイングのスキをうまく付き、自分のライフは100、手札もデッキもほぼ無い状態。
 自分にとっては大満足でした。

 しかし終了後、相手から頂いた言葉は「~が強すぎ」という意見ばかり。
 敗因が「特定のカード」の話のみで、
 自身のプレイングミスを見直さないばかりか、こちらのプレイングも気にしない。

 逆に「普段プレイングに気をつかわなくても勝てているから気づかないのかな」と感じました。

 全体がそうとは言えませんが、確実にそういった考えの人が多くなっていました。
 「戦術次第でこんなにも戦えるんだぞ!」という事を伝えたかったのですが、
 若い人はハンデス全盛期を経験していません。
 
 あの一触即発の環境は非常に辛くもあり、
 しかし1枚1枚の大切さを伝えてくれた本当に貴重な時間だったんだなと感じました。

 自分の伝えたい事はもしかすると少しも伝わっていないんじゃないか?


 相手の反応を見てその事を考える頻度がどうしても増えてしまい、
 お互い楽しめるデュエルというものが自分でも分からなくなることが多々ありました。


【3】時間が足りなくなった。


 正直な話、上記は「まだまだデッキを煮詰めればクリアできる課題」であると思っています。
 しかし、それには膨大な時間を要します。
 一番新しく作成した【バグ・ヴァンパイア】というデッキに至っては、完成まで1年かかりました。
 もちろん自信作です。

 それ故に完成度もかなり高く、1枚抜く事すら相当難しいのが現状です。
 つまりより多くのテストデュエルを行い、
 より多くの時間をかけてデッキを組まなければこれから先には進めません。

 成果が出るのならばそれでも行いましたが、
 そうして1年以上時間をかけても上記2つの問題がいずれ訪れます。
 
 かけた時間に対して環境の流れが早い上に、自分が納得できない。
 与えられた期限でデッキを作る事に限界を感じました。


【4】気付けば愚痴ばかり呟いていた


 引退の理由として「遊戯王が嫌いになったんじゃないか」と言われますが、
 そんな事は全然ありません。むしろ大好きです。
 
 そして大好きだからこそ、自分はそれに真髄に向き合い、真剣に接してきました。
 その信念を貫いたからこそ「私にしか出来ないデッキ」が完成し、
 多くのものを得る事が出来たと思っています。

 とある週末、カードパワーについて色々と語りました。
 自分では意識していませんでしたが、
 つぶやきの中に上記3項目の不満が見え隠れしていたんだと思います。

 結果、多くの方を不快にし、ブロックされ、フォロワーも数十人単位で減少しました。
 私の発言が明らかに不快だった事は明白です。
 他の「遊戯王が好きな人」を不快にさせてしまっていました。
 
 遊戯王を好きなはずが、逆に遊戯王に対して偏見を強要するだけになっていたのです。
 私は時代の流れに乗れず、勝てないことをカードのせいにし、
 もはや役に立たない知識をひけらかすだけになっていました。

 これではアンチと変わりません。
 このまま続けると本当にタチの悪いアンチになってしまいかねない。
 だからそうなる前に、遊戯王が好きなうちに引退する。
 好きだからこそ引退する事を決意しました。


---------------------------------------------------------------------------------


■【現役デュエリスト向け】■


動画を見て頂いた方は、上記タグをご存知だと思います。
さて、最近の私は「現役デュエリスト向け」な行動をしていたでしょうか?


・自分のやりたい事で結果を出せず、伝えたい事が伝えられない。
・自分の考え方を相手にうまく伝えられず、お互いに楽しめるデュエルができない。
・1つのデッキを気軽に完成させることが出来ず、また完成後もほぼ改良の余地が無く、結果もそれに見合わない。
・前向きに頑張ろうという気持ちのはずが、最近はカードについての愚痴ばかりになっていた。

…全然出来ていないですよね。

現役デュエリストならば、
やりたい事で結果を出し・相手も楽しませ・デッキも積極的に改良し・前向きに頑張るはずです。

これらを総合的に自己分析し、
私の中で今後これらを改善できる見込みが無かったため、今回思い切って引退を決意しました。

さて、引退と言っても具体的にどういった事を引退するのか。
これも私独自の基準がありますので、追記します。


【基準1】環境に適応する事をやめる


 私は、私が好きな遊戯王の戦い方があります。
 皆と戦って得た経験や、頂いたコメント、自分が燃える瞬間。
 それらを複合した価値観こそ、私が好きな遊戯王の戦い方です。

 ですが最近、長い間デッキを作り続け時間をかけて考えた結果、
 【勝つ為にはどうしても使わないといけないカード】が出てきました。
 雲魔物で言えば、「大天使クリスティア」や「強制転移」などです。
 しかしそれは私のやりたい勝ち方ではありません。
 長年それを貫くために、なんとかそれ以外の構築を考え、それが今の成長に繋がってきました。

 しかし最近のエースカードは強すぎます。
 あらゆる耐性、あらゆる妨害能力を備えており、まともな突破方法が効きません。
 出される前に潰すか、出されてから奪うか。

 考えた結果上記2つは生き残る上でどうしても必要で、私は大きな判断に迫られました。

 ●今までの信念を捨ててこのカードを使うか。
 ●それとも、信念を貫き通すか。


  そこで私は「絶対に使わない」という選択肢をしました。


 何年も考えて辿り着いた「勝つ為に必要なカード」を、「絶対に使わない」として断固拒否する。
 これは環境に適応したデッキを作る上で矛盾しています。

 
 よって今後は現役デュエリスト向けの構築から引退し、
 自分が好きな構築を続けることにしようと思います。


■一番好きだった「第五期までの戦い」を伝えたい


 私は第五期までの戦いが本当に好きでした。
 アンデッドは生者の書やヴァンパイアロードといったまさにアンデッドにふさわしい特徴を出し。
 ドラゴン族はその強力な攻撃力を活かし竜の逆鱗などで貫通ダメージを与え。
 悪魔族はハ・デスよる無効化の他、ニュードリュアなどの個性的な効果を持ち。
 ガジェットはガジェットならではの強力なアドバンテージ能力で戦うなどなど…

 好きなカードでデッキを組め、反面手札事故もあり、プレイング次第でどんな相手でも勝利がある。
 「壁モンスターを出して時間を稼ぐ」といった戦術も十分可能で、「個性」が生きる戦いが可能。

 この一番楽しかった事を思い出せる構築こそ、私のモチベーションの一つでした。
 引退後はこの時の雰囲気が感じられるような構築をして、
 昔の人も今の人も楽しめるようなデッキをひっそり作って行こうと思います。



■やめること

 引退に伴い、以下を廃止します。

 ●ふるめたBOTの停止
  引退と同時に、自動つぶやきを完全停止します。

 ●ニコ生でのデュエル
  デュエルリンクスや対人放送も考えていましたが、これらも停止します。
  今後ニコ生ではお絵かきや雑談、ゲームなどが中心になるかもしれません。
  (更新頻度も低いですが><;)

 ●コンボの発信と「遊戯王に対する考え方」のつぶやき自粛
  現役デュエリストでない以上、今の環境に自分が言えることはありません。
  コンボを呟くにしても、結局環境に役立つ事はありません。

  よって、今後はおとなしくなると思いますw


■最後に


デッキは残しますし、また細々と改良は加えていきます。
新デッキも作るかもしれません。

しかし今までと違い、それらは現環境ではほぼ通用しない戦術となります。
いわば、私の解釈と偏見で凝り固まった、本当の意味で「私らしいデッキ」になるでしょう。

引退する上で本当に嬉しいのは、「遊戯王を好きなまま引退できる」事です。
嫌いになったり、飽きたからやめるのではなく、
好きだからこそ形を変えて遊戯王を支えつつ、現環境からは引退する。

これが30歳にして、自分が今後遊戯王と接する自然の方法だと気づく事が出来ました。

…笑われるかもしれませんが、私が【自信を持って自慢できる唯一のもの】がデッキ編成でした。
だからこそ本気になり、本気になる事で【自分の可能性を知る事ができ】
人生を前向きに過ごすことが出来るようになりました。

才能なんて私にはありません。
私にあったのは「誰よりも目立ちたい」という欲望と【行動力】のみ。
そしてこの【行動力】があったからこそ、色々な事を学び、経験する事が出来ました。

作り上げたデッキの数々。
そこには作り上げた皆との絆や思い出がたくさんたくさん詰まっています。

このデッキが残っている限り、僕は前を向いて歩いて行くことができます。
いいデュエルをホントにありがとうございました。

そしてこの先、たとえ遊戯王での接点が無くなったとしても、
皆とは色んな事を語り合える良き友達でいたいと思っています。

フラっと会う機会があれば気軽にデュエルを申し込んでくださいw

その時を、私はいつまでも楽しみにしています!
それでは、またどこかで!!!
スポンサーサイト

遊戯王 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<雲魔物デッキとの別れ | ホーム | 例大祭での、もう一つの戦い>>

コメント

はじめまして、ふるめたと申します。
日記を拝読いただき本当にありがとうございました!

自分のやりたいことと、それをする為に妥協しなければいけないこと……これらを吟味しながら完成したデッキが「果たして本当にしたかったデッキなのか」と考えた結果、自分はどうしても納得できませんでした。

今後はイベントなどを中心にオープンな活動をしていけたらと思っていますので、
いつかどこかでお会いできれば是非デュエルいたしましょう!

お気遣い痛み入ります。
ドラゴンさんも体調にお気をつけて、残り休日を満喫してくださいませ。

> 初めましてドラゴンと申します。
> 遊戯王 引退と検索しましたら、ここにたどり着き、ブログを読ませていただきました。
>
> 今までふるめたさんのことは全然知りませんでした。
> 遊戯王に対する思いがひしひし伝わってますわ。
> これほどまでに愛してるんだなと。
>
> ガチにも環境にも興味がなく、いつもファンデッキというよりキャラデッキ作ってますがちゃんと考えて作ってるかと言うと、全然です。
>
> 引退するのも無理ないですよ。
> カード一枚一枚が強すぎますし。
> おまけに新マスタールールという誰得なルールをKONAMIは投下してきましたからね。
>
> 自分はちょくちょくカード買ってますが、正直やるきがないです。
>
> でも一度でもいいからふるめたさんとデュエルしたいですね。
>
> 後女の子のイラストみんなかわいいですね。
>
> お体にはお気をつけて。
2017-05-06 Sat 08:37 | URL | ふるめた [ 編集 ]
> >私の発言が明らかに不快だった事は明白です。
> >他の「遊戯王が好きな人」を不快にさせてしまっていました
>
> 初めまして、自分も数年前に征竜が出てから辞めた元デュエリストです。
> 自分は逆にふるめたさんの意見が薄々気づいていた
> 人達にとっては耳が痛いもので、それでブロックされた
> 可能性もあると思います。こういうと偏見かも知れませんが
> 平成生まれの人で多いのは「現実と向き合わない」こと。
> いくらカードのせいにするなと言えど、残念ながらカードに
> 壊れがありますし、今は分かりませんがEMの猿も壊れで
> それを使って勝つことをADSで自慢している輩も見ました。
> 自分は引退した者として何も言いませんでした。
>
> なぜなら自分で気づいてプレイングやデッキ構築を
> 磨くのは自分自身ですし、そして残念ながら才能が無いのに
> 遊戯王をやっている人も居ます。
> そう言う人間はふるめたさんが言った事を勝手に解釈し、
> 自分の思い通りにならないふるめたさんを避けただけです。
>
> 自分としては所詮遊戯王はゲームであると思います。
> ゲームだから運もあるし、ゲームは努力次第で上手くなれます。
> そして娯楽であり、勝つのは喜びですが、それで飯を
> 食えない以上、趣味として割り切らないと破滅します。
> 自分の知り合いで麻雀が好きで友達を失った人が居ます。
> その人間は勝てなくなると周りに当たる様になり、遂には
> 借金する様になって孤立していきました。
> 結局勝負師になってしまうとゲームも楽しくなくなります。
> ふるめたさんはそこに気づいたのかと感じました。

コメント有難うございます。
私の場合、「自分にとってはこうだから、コレが正しいんだ」
という考え方を主張しすぎてしまった点があったと思います。

遊戯王はゲームですが、ゲーム以上のものを私に与えてくれました。
2016-05-17 Tue 09:08 | URL | ふるめた [ 編集 ]
ありがとうございます!
機会がありましたら、是非よろしくお願いします!



> お疲れさまでした。いつも動画やニコ生でデッキや戦い方を見て参考にさせてもらっていました。
>
> まだ直接お会いしてデュエルはしたことがありませんので、今年中にデュエルしましょう。
2016-04-04 Mon 10:09 | URL | ふるめた [ 編集 ]
ありがとうございます!
そうですね、今後は純粋に「楽しむ」事を目的にしようと思います。
現役から退く事で、コンボに油断や隙が生まれるのが一番懸念していました。
しかし切羽詰まった構築はいい影響を出さないのも事実なので、今後はゆったりしていきますw

是非是非、リアルでまた対戦しましょう!
GWに大阪行く事を目標に、また頑張ります!w

> お疲れ様です。
> 今後も遊戯自体は楽しんでいくようで安心ですわ。
>
> 多くは語りませんが、遊戯の楽しみ方はそういうのでいいんですよ。
> 第○期がーって言うのも、KONAMIの公式用語ではなく勝手にプレイヤーが作った区間です。
>
> ADSなどではなく、実際に遊べるのを楽しみにしてます。
2016-04-04 Mon 10:08 | URL | ふるめた [ 編集 ]
ありがとうございました…!
影で支えて下さったからこそ、辛い時頑張って来れました。
これからは私が皆さんを支える側に立てればと思っています。

オフ会などの情報は定期的に発信いたしますので、
機会がありご一緒出来る時は是非デュエル致しましょう!

> 本当にお疲れ様です、といってもまだ今年も半分以上ありますが。
>
> ニコニコ動画でふるめたさんを知り、話術とデッキ構築にあこがれ、ツイッターなどでつぶやくコンボに心惹かれ考察し、
> いろんな意味で本当に尊敬できるデュエリストでした。
>
> 私のデッキ構築も相手を楽しませる、全力で向かうと私なりのリスペクトでデッキを最大限組んできたつもりです。
>
> まだ直接お会いしたことはありませんが、まだ今年中ならチャンスは、今年を過ぎても本当にちょっとした機会があればデュエルをしてみたいです。
>
> これからも遊戯王で、それ以外の場所ででもがんばってください、応援しています。
>  PS・文章力皆無で申し訳ありません
2016-04-04 Mon 10:06 | URL | ふるめた [ 編集 ]
お疲れさまでした。いつも動画やニコ生でデッキや戦い方を見て参考にさせてもらっていました。

まだ直接お会いしてデュエルはしたことがありませんので、今年中にデュエルしましょう。


2016-03-28 Mon 06:38 | URL | アナベル・ゲトー [ 編集 ]
お疲れ様です。
今後も遊戯自体は楽しんでいくようで安心ですわ。

多くは語りませんが、遊戯の楽しみ方はそういうのでいいんですよ。
第○期がーって言うのも、KONAMIの公式用語ではなく勝手にプレイヤーが作った区間です。

ADSなどではなく、実際に遊べるのを楽しみにしてます。
2016-03-25 Fri 08:19 | URL | noji [ 編集 ]
本当にお疲れ様です、といってもまだ今年も半分以上ありますが。

ニコニコ動画でふるめたさんを知り、話術とデッキ構築にあこがれ、ツイッターなどでつぶやくコンボに心惹かれ考察し、
いろんな意味で本当に尊敬できるデュエリストでした。

私のデッキ構築も相手を楽しませる、全力で向かうと私なりのリスペクトでデッキを最大限組んできたつもりです。

まだ直接お会いしたことはありませんが、まだ今年中ならチャンスは、今年を過ぎても本当にちょっとした機会があればデュエルをしてみたいです。

これからも遊戯王で、それ以外の場所ででもがんばってください、応援しています。
 PS・文章力皆無で申し訳ありません
2016-03-25 Fri 07:23 | URL | 月影流雫 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。