Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【コラム】デッキ新規作成時の手法など

ふるめたです。日記では久しぶりです。

新ライパニが完成したので、
折角だからコラムでも記載しようと思います。
今回は「デッキを新規作成する場合」僕はどのような形で組んでいるかです。


カードゲームにおいて、楽しみの一つでもある「デッキ編成」
これは自分の持っているカードプールで自由に組み立てられる事が特徴で、
自分だけのオリジナルデッキが作れるという楽しみがあります。
でも、作っているとどうしてもかみ合わなかったり イメージと逸れたりしますよね。
目的は多々ありますが、作成に当たり僕は以下について注意しています。


新しいデッキを作る場合、
僕が行っている方法は2通りあります。


●イメージから地軸を整える
 →新しく作るデッキのイメージがほぼ固まっている場合にこの方法を取ります。
  一例として「ライトロード」デッキを挙げてみましょう。
  ライトロードの切り札は、現状「裁きの龍」です。これを出すために
  ライトロードを4種類墓地に送り、手札に裁きの龍を加える。
  「切り札」と「条件」が分かりやすいですよね。


  イメージが固まっているため実際にテストプレイし「かみ合わない点」
  が非常に分かりやすいので、地軸を整えやすくサクサクデッキが組めると思います。

特にWIKIのデッキには こういった「基本的な戦術や切り札」が書かれている為、
デッキを組みやすい仕組みになっていると言えます。
但し注意点として【先入観に囚われやすい】点があります。
あくまでWIKIは【客観的にみた視点で、人間が書いた】という点を忘れちゃダメです。

WIKIが絶対じゃないので、
そこを取り違えてしまうと【ありがちな】デッキになってしまいます。
オリジナリティのあるデッキを組む場合は、そこから一歩抜きん出る
必要性があります。


●地軸からイメージを考える

  この構築方法は上記とは異なり「最終イメージが沸かない」
  場合に行います。例えばざっくり「光属性」としましょう。
  光属性でも多々種類やデッキはありますよね。
  ライトロードもあればライトレイもある。
  この場合は「組みたいけれど何がしたいかよく分かっていない」状態です。

  僕もよく構築に行き詰まる事があり、その場合はまず
  「どんなデッキにもある程度活躍する安定カードや好きなカード」
  から入れていきます。

  活躍が期待できるカードを入れていれば、そりゃ活躍しますよね。
  大嵐入れて、ブラックホール入れて…あ、激流葬も入れよう!


  すると残り入れられるカード枚数が20枚位になり、やれる事が限られてきます。
  やれることが限られてくると、頭の中で取捨選択をしなければならない。
  5つやりたい事があったとして、スペースの関係で3つは省き…
  2つに絞ることが出来た!となれば、
  その2つからどんな戦術が出来るかイメージも沸くと思います。
  

但し【何がしたいのかよくわからないデッキ】に
ならないよう注意です。


あくまで地軸を整えるため、汎用性重視から始まるので、
最後まで明確なイメージが沸かないと、単なる汎用性の詰め合わせになってしまいます。
      要するに、「よく見たことあるなんか知らんけどとりあえず強い」みたいな。


安定感は段違いですが、あるラインを超えられると完封される事もあります。
【予測されやすい】デッキにならぬよう注意が必要です。


さて、2通りの方法を紹介しましたが、
大事なのは「イメージを明確にする」事です。
最初からイメージが固まっている場合が一番良いように見えますが、
【今持っている知識と経験から生まれたもの】であり
自分の持っている情報を整頓して作り上げただけに過ぎません。


そんな時は、地軸を固めてとりあえずでもデッキを作り
テストプレイをする中でやりたいことを明確にしていったり、新たな戦術を発見していく。
そして最後に「それが本当にしたかったことか」をもう一度問いかける。

結果的にデッキがうまく回らなくても、こういう【発見】をたくさん
すればするほど【想像力が高まり】構築力もあがります。


最後に補足として。
他人のプレイングを見る機会があれば
■自分ならこの状況でこう~する
■この人がこう~したのは、何故だろう

この2点を意識して見るようにして下さい。
単純に戦いを見るよりも、自分の発想力が鍛えられるきっかけになります。
以上、デッキが組めないときにしている方法2点について、記載してみました。
ご参考になれば幸いです。


※決してこの構築がすべてというわけではありません。あくまで「私が組んでいる組み方」を
 そのまま記載いたしました。
スポンサーサイト

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<一生許せない人が出来ました。 | ホーム | かなり遅くなった大阪オフレポ(9月1日)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。