Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

血の代償と誘発効果のメタカード封殺コンボ

こんばんは、ふるめたです。

今回は【血の代償】【強制効果】【アドバンス召喚】
を用いたメタカードの隙間を縫うコンボをご紹介します。


先ずは血の代償を自分のメインフェイズで表側で発動しており、
その効果が有効で、召喚行為が最終戦士等で封じられていない事。
あとはライフが2000ほどあればこのコンボが出来ます。


やり方は至って簡単。
血の代償を連続チェーンして、以下の順に組むだけです。


チェーン1:セット
チェーン2:召喚成功時誘発効果を発動するモンスターの召喚or
      墓地で発動する誘発効果モンスターを場からリリース
チェーン3:チェーン2と同様


逆順処理で解決します。
まずは

チェーン1に、セット用のモンスターの為にライフを払っておきます。

チェーン2に、「召喚成功時に強制的に効果の発動するモンスター」
を出すか、墓地誘発モンスターをリリースしてアドバンスします。

チェーン3もチェーン2同様処理します。



この流れで逆順処理をし終えると、最後はモンスターをセットして
チェーンブロックを終わらせることになります。


一見なんてことはない動作。
しかしこの流れを利用すれば
【相手はいかなるカウンターを用いても効果モンスターの効果を防げない】
という神コンボが炸裂します。



一例をあげてみます。


チェーン1:アドバンスセット
チェーン2:神獣王バルバロス3体リリース召喚
チェーン3:カラクリ参謀 弐四八

逆順処理。
チェーン3でまずカラクリ参謀を出します。
チェーン2でバルバロスを3体リリースで召喚。
チェーン1で、そのバルバロスをリリースしてモンスターをセットします。



この処理が終わった後が、本番です。
バルバロスと弐四八が互いに強制効果としてチェーンを組みます。
ここで、
チェーン1:バルバロス
チェーン2:弐四八

とする事で、相手はバルバロスの一掃効果に何も反応が出来ません。
更に、場にはバルバロスも存在しない。よってエフェクトヴェーラーも
デモチェもスキドレもブルーDも効きません。
更に更に、この両者の効果は「場で発動」している為、
墓地を封印しても効果を止めれません。
最後に、バルバロス召喚からアドバンスセットの流れには
神の宣告すら割りこめないので、召喚無効のカウンター罠も発動が出来ないんです。
(神の警告は除きます。が、血の代償の発動をカウンターされなければ警告も無力化できます)

つまり、血の代償と適切なモンスターがいれば、
相手の場にカードがフルセットされていようとも
バルバロスにより一掃出来る…というわけです。

ポイントは、逆順処理中にモンスターの召喚を済ませ、
チェーンの最後に「チェーン途中に召喚したモンスターをリリースして場から離す」
という事。
そして、血の代償の処理終了後の強制・任意効果チェーンで
目当ての効果をチェーン1に持ってくること。


一発限りでアドバンテージも大量に消費しますが、
現状血の代償の発動に成功さえすれば
これを止めるカードはショックルーラー等か虚無の呪文を除き存在していません。


いかがでしたでしょうか。
今皆様が考えておられるコンボも、
諦めずルールの隙間を縫えば成功させることが
出来るかもしれません。

意外に遊戯王は抜け穴ルールが多いので、
探してみると結構面白いと思いますよW

それでは!今日はこの辺で。






スポンサーサイト

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<【遊戯王】カードを採用する際の枚数についての独断【その2】 | ホーム | 【遊戯王】カードを採用する際の枚数についての独断【その1】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。