Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

【遊戯王】カードを採用する際の枚数についての独断【その2】

ふるめたです。

以前に【採用するカード枚数】についてのコラムを記載しましたが、
今回は【カードを集める場合の購入枚数】という視点で記載しようと思います。


僕は基本的に【購入するカード枚数】を以下基準で決めてます。



【1枚】
 エクストラデッキで「選択肢の一つ」として採用するカード
 複数デッキを作成した場合でも、限られたデッキ以外では活躍が難しいカード。

 また、付録等のコストパフォーマンスが3000以上のもの。


【2枚or4枚】

 複数のデッキに採用するかもしれない場合や、
 このカードを通過点または最終点として使えるカード。
 また、全体的に注目されており様々な活躍が期待されるカード。
 付録等のコストパフォーマンスが1050円以下のもの。

 
【3枚or5・6枚】

 デッキの起点となるカードや、このカードを主軸に
 デッキを組みたい場合。また、ギミックを出張セットとして
 使いまわせる場合や、この先に期待できるカード等。
 将来収集しようとすると集めにくい「ノーマルカード」等。
 また、ジャンプ付録等コストパフォーマンスが300円以下のもの。


以上になります。
基本的に「隠し玉や、いつでも好きな時出せるエクストラカード」
に関しては1枚のみ購入します。
ですがこの事例は大抵稀です。

基本的には2枚購入。
僕は、【エア・サーキュレーターで回転する事で手札に持ってくる率を状況に応じて操作する】
という戦術をベースにしている為、
ある程度必要な時に呼び込むことが出来、
3枚目を使用するパターンがそれほどないからです。
ストラク購入も基本は2つにし、その中で必要なものがあれば
後でシングル購入する形にしてます。


3枚購入する場合は、デッキの中核となる場合や
「同名カードを効果対象に出来る場合」に採用してます。
ドドドバスター等は、複数積んでも最後まで効果を活かしきれますので。





何より2枚購入のいい所は、【サイフに優しい】という事です。
準制限になれば【ああ、2枚でも良かったなw】となりますし、
制限になった場合は【他のデッキを作る際に使えるなw】となります。

再録されたりパックで引いた場合は、【保険】として持っておく。
こうする事で一番ダブりなくカード収集を楽しんでいます。



自身の得意とする戦術が2枚差しメインとなっており、
その枚数で理想通りに回転させれるので、サイフにも優しい。


これこそ僕が「色んな意味で【2枚】に拘る」最大の要因かもしれないですね。



遊戯王をする前に、生きていく上でお金は重要です。
高いカードは3枚購入する事すら難しい学生だっています。


貪欲になりだすとお金がいくらあっても足りません。
自分の中で「ここまでにしておく」というセーブを掛ける事で
趣味と実生活をうまく両立できると思うので、
是非とも参考にして頂ければ幸いです。
スポンサーサイト

遊戯王 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<【遊戯王】コンボパーツの枚数を減らす事のメリット・デメリット | ホーム | 血の代償と誘発効果のメタカード封殺コンボ>>

コメント

しろなえさん☆>

9枚…!まさに真の愛ですね!
採用枚数はあくまで「基準」です。
大好きなら3枚、全然OK!
一番理想のデッキを、一緒に作っていきましょう!


> ついこの間スペルビア日版三枚買ってきた。
> これをもっと早く見ていれば未来は変わったかもしれません…
>
> でも好きなカードに掛ける金ならば惜しくは無いです!
> ダイヤモンドガイ9枚とか持ってても全部使いたいです(笑)
2014-04-04 Fri 00:25 | URL | ふるめた [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。