FC2ブログ

Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

単純なパワーでは勝てない。では、どうする?【遊戯王】




往々にして、
最近の環境では「圧倒的なコンボ」が環境を制する傾向にあります。

この記事を書いている段階では、アーティファクトやネブラディスクを絡めた
「プレアデス」になる形が一番強力と思います。


特に問題なのが、ほとんど無駄がない状態で「非常に強力なカードを出せる」という点。
プレアデス単体で見れば、どんなデッキでもちょっと工夫してカードを選定すれば出せますが、
ネブラディスクの場合は「サーチに加え、墓地に行った後も蘇生効果でサポート出来る」
という点で、終着点がプレアデスじゃない訳です。

プレアデスを出しながらも、更にその次のプレアデスの準備や、反撃の芽を摘む準備をしている。
ここまで来ると、洗練されすぎていて並大抵のコンボじゃ追いつけません。


そう、ここで気づくはずです。「単純では勝てない」という事に。
同じコンボを使って対抗するのは一番楽な対処方ですが、
今ある自分のやりたいことを使って勝ちにいきたい…。


そうなると、1:1交換では全然追いつけない事に気づくはずです。
そして今のもう一つの強み。激流葬解除をみれば分かりますが「出そうと思えば」
いくらでも体制を立て直せるわけです。


最小限で最強を。まさに「利益を出す」最大の手法ですね。


こうしてみると、デュエルの環境も一種のマーケティング戦術です。
その市場で生き残るには、皆さんどうすればいいと思いますか?


まず1つ。類似で対抗する事。
同じ事をするのが一番同じステージに立てますが、
ここで注意する事が「リスクマネジメント」の充実です。


初めてその「事」にチャレンジした人は、初めてだからこそ「調査した」実績があります。
失敗したらどうしよう。成功するには?維持・管理するには?

こういったリスクを考え抜いて、そしてGOを出して成功したからこそ、初めてその舞台に立てた。
しかし単なるまねごとでは、「結果」しか見えなくなっていることが多いです。
数日前、「努力は見えない」という記事を書きました。

そして、結果の積み重ねが「努力」の浸透でもあると。

二番煎じで同じ事をしても中々トップに立てないのは、
「結果」から「努力」が伝わらないからです。


気づかないところでボロが出たり。
今ではネット上で「パクリ」と言われれば一気に浸透する時代です。

見えない努力は、見える結果が語っている。まさにコレですね。


話を遊戯王に戻します。
単純に同じ真似事をするだけでは、こういった「見えない努力」で勝てません。
勝つのであれば、そこから「相手が見落としてそうな点を保管してより充実させる」狡猾さが必要です。


「今でもこれは素晴らしい。けれども、私だったらもっと素晴らしい形に出来る。」
こういう気持ちがあれば、二番煎じが一番を取ることも夢じゃありません。


次に、戦う舞台を変えること。
遊戯王で言えば「メタ」や「他のテーマデッキ」ですね。


そのコンボやジャンルはすごい強いですが、じゃあそれを越えるジャンルや
それを潰す手法で対抗しよう…という訳です。


昔、征竜は環境トップに立っていました。
それに対抗していたのが、魔導です。
あるいは両者の特長をメタって対抗するデッキもありました。


実は、トップが入れ替わる可能性があるのはこっちです。
TOP2が同じスピード・同じコンボだとしても、片方のコンボをすることで
間接的に片方をメタっているとしたら。

そのコンボがいずれTOP1に立つでしょう。


特に、環境が変化した時に出てきた「新ジャンル」
こそ、可能性の塊。


単なる大会の結果レシピを見るだけじゃなく、
「他とは違う所が勝ってきてないか?そしてそれはどこが強かったのか?」
を、僕はみるクセをつけてます。


改めて題目について。
【単純では勝てない。ではどうするか?】

1類似項目で、相手より更に改善を加えて上回る。
2別ジャンルの全く違った視点で対抗する。
3そのジャンルをメタる。

この中で自分の個性を出し続けたいのなら。
2または3を選んで行かないといけません。


ただしその中で3番の「メタ」るという事。
基本的に人は「やりたいことをやって」戦いたいという想いが強いです。
つまり、どの世界においても「批判やジャンル潰し、面倒臭いこと」というのはいい印象を与えません。
ロックデッキが大嫌いな人や、ゴーストリックが嫌いという人は、
めんどくさいとか、やりたいことが出来ないから…という人が大半です。


ですので、同じ戦うにしても「やり方によっては心外な評価を受ける」という事も
ここで覚悟を決めておいたほうがいいですね。


※ちなみに、一番「その人のためになること」は、「フィードバック」です。
 ロックデッキやメタデッキは、そのデッキの「弱点」を的確に突いてくる。
 それを嫌がるのではなく、それを乗り越える事が出来れば「更に強くなれる」チャンスが
 そこにはあります。

 
遊戯王はシンプルです。
負けるのには理由があり。その理由の中には自分のデッキ構築や運や、プレイングと多岐に渡る。


しかしその中で確実に自分が力に出来るものがあります。
戦って得た「結果」の積み重ねこそが、努力を評価する指針になるのですから。


悩んでがんばって、強くなって行きましょう!
それは、ゲームというジャンルを越えて、いずれ自分の力となってくれるはずです。

以上、雑記でした。
お役に立てましたら、幸いです。
スポンサーサイト

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<100%は不可能。だが可能な限り近づける事は出来る。【遊戯王】 | ホーム | 140418 読んだ本リスト等>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。