Spirit-Edge Blog

おもに遊戯王関係、近況報告を記載するブログです。 HPはこちらhttp://outspirit.yukihotaru.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

価値観やクセのメリット・デメリット【遊戯王他】

ふるめたです。
遊戯王においても趣味においてもそうですが、
どんな人にも「価値観」が存在しています。
色んな出会いや経験から、
僕にとって、私にとって「~~とはーーというものだ」
という解釈をします。


様々なデュエリストがいるので、当然色んな価値観が現れます。
それは大いに結構で、
色んな面が見れるのは非常に楽しいことなのですが
「価値観の押しつけ」だけはいけないなと思います。
勿論、僕も含めてです。


机上の空論…という言葉があるように、
想像よりも「経験」する事が一番理解しやすいものです。
経験したことがないモノをただ想像するだけでは、
思わぬ落とし穴や見落としていた点がある…という訳ですね。

故に、自分が経験したという「実績があるからこそ」
それを何よりも信頼し、そういう位置づけにしたくなります。

僕が遊戯王の「価値観」を
もっとも植え付けられたのは「トマハン」時代です。
あの頃は「不用心な行動=取り返せないディスアド」という
あらゆる可能性を考えて安全牌を切りながら、
ハンデスを防止するという戦い方が必要でした。

強制転移、リクルーター、ガジェ…
アドを取り返すには「ひたすら耐えて硬直させる」という
【いかに相手のカードを腐らせるか】
と練りに練った戦術を取り続けてきました。


その時に経験した
「耐え抜いて逆転する」という快感と、
「皆が似たようなデッキだったからこそ個性を出したい」という欲が、
十数年たった今でも深く根付いて僕の「価値観」になってます。


【今までそうやって「楽しんできた」。だから「これこそが遊戯王の楽しみだ」】
この思いこみは、自分の中だけにしておけばいいのですが
他人に押しつけ出すと非常にやっかいです。


デュエルオフでのちょっと印象的だった話をしましょう。
僕が皆のデュエルを徘徊しながら見ていると、
「オフ会に初めて来た人VSデュエル動画うp主」の戦いがありました。


その「初めて来た人」は友達に誘われて参加したのでしょう。
動画の事をよく知らない中で、自分の動きを精一杯見せていました。


でも、その動きが相手の価値観と違ったんでしょうね。
取り巻きであるデュエル動画うp主の知り合い数人が
「相手に聞こえるように」デッキの批判を対戦中話し出したんです。


その時は残念ながら僕も意識が低く臆病で、注意も出来ませんでした。

しかし動画をやめてから数年経ち「お互いに相手のことを知らない状態で」
とある人とデュエルした際、同じ経験を僕がする事になります。
その時初めて理解できました。


【文字や口頭発言は、本心じゃなくてもそれ以上の印象を相手に与えるものだ】と。


ちょっとした事で勘違いし、疎遠になってしまうことも
僕が経験したカードゲームの世界では大いにありました。


遊戯王でも対人関係でも、「相手の価値観を認める事」が大切です。
これは簡単そうでとても難しい。
相手の価値観をただ認めているだけでは「自分の中で芯がない」という
事にもなります。
「これは譲れる。これは譲れない。」というある種の頑固さも必要でしょう。


僕はTwitterで「ふるめたとはどういう考え方を持っているのか」を
知ってもらうために、普段思ったことを素直に呟くようにしています。
キモイ発言もしますのでどんどんフォロー切られますが(笑)
別にそれでその人との関係が終わる訳じゃないですし、
我慢するよりスッパリ切ってもらった方が、お互いの為になりますしね。


有難い事にその呟きをリツイートし共感して下さる方もいます。
嬉しいので僕はその人のTwitterページを見に行くのですが、
希に僕のつぶやきをリツイートした上で【こいつクズだろ】といった
「中傷つぶやき」をされる方がいます。


何を呟こうがその人の勝手ではありますが、
「全体公開で誰もが見る状態で【誤解を生みかねない発言をする】」
人に対しては、いい印象は持てないのが正直な気持ちです。
それならば直接言って欲しい…んですけどね(汗


価値観の良いところは、「経験に基づいている」事。
よって、その人の考え方も一つの「真実」です。

ですが、それだけが「本質」じゃありません。
自分の見えていない世界があり、
その世界を相手は見せてくれるかもしれない。
そう思うと、最近は前よりも多少は
前向きに他人と向き合えるようになったと思います。


いかがでしたでしょうか。
「価値観」そのものは解釈が難しいですが、
遊戯王においては簡単です。
【自分とウマの合わないデッキや性格の人を知ろうとする】
これだけでも世界が大きく広がります。

構築や対人関係で困ったとき、
ふとこういった事を思い出していただけると
お役に立てるかも知れません。


以上、雑記でした。
スポンサーサイト

テーマ:遊戯王OCG - ジャンル:ゲーム

遊戯王 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サルベージカードの役割と配分【遊戯王】 | ホーム | 時間がない中でのデッキ構築~後編~【遊戯王】>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。